近刊検索 デルタ

2023年12月14日発売

木楽舎

出版社名ヨミ:キラクシャ

Fishing Café VOL.76

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
静寂な湖面に煌めく、釣りと自然のストーリー 「釣り人たちの天然湖沼物語」

釣り人が湖水に魅かれるひとつの理由

峰々に囲まれた山上湖を目指し、バックパックに釣り具と食料、寝袋やテントまで背負って峻険(しゅんけん)な峠を越えると、キラリと輝く水面が見えた。
樹幹の間から見えるその輝きが、清く澄んだ湖水だと気づくと、ほかの何ものにも代えがたいうれしさが込み上げてくる。
また、険しい林道を歩くようなスピードで車を走らせ、やっとたどり着いた湖で、鏡面のような湖水に記された波紋を見たときの期待感は、忘れようがない。
湖沼の釣りは不思議な魅力があり、湖面を眺めているだけで、心が和んでくる。
深淵な緑の湖面は、まるで心の中に大切にしまっておいた翡翠(ひすい)の玉のようにも見えて、これまでに訪れた釣り人の心をどれほど励まし、癒してきたことだろう。
湖を見るだけで心の傷がふさがり、救われた人も多いはずだ。
それは、釣り人が湖に魅かれる理由のひとつである。
目次
【巻頭インタビュー】
広島大学大学院統合生命科学研究科教授 海野徹也 ― 雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ、クロダイ教授ハ 今日モ磯ニ立ツ―

【特集】
静寂な湖面に煌めく、釣りと自然のストーリー「釣り人たちの天然湖沼物語」
◎海に行けなくなったベニザケ、ヒメマスの謎
◎ 秘湯と釣り、文豪が求めた水生植物と踊るイワナ
◎今なお釣り人を幻惑するタキタロウ伝説
◎命を未来につなぐ驚きのクニマス、その生態
◎ニゴロブナと究極の“鮒寿し”を訪ねて

【連載コラム】
太公望万歳! 佐藤惣之助 
『釣・魚画帖』入門 宮田亮平
釣人たちの輪舞曲 第2章 錦織則政
釣音(つりおと) 宮沢和史
京都木屋町・美味礼賛 湯どうふ「喜幸」
Adventurous Fishing in Nepal 竹内洋岳
[新連載] 釣りとの遭遇 福岡伸一
Magical Aquarium Tour 猿渡敏郎
【釣具物語】釣具、漁具の歴史とその変貌
同じ水、同じ流れの中で 土屋 守

Fishing Café CLUB
著者略歴
シマノ(シマノ shimano)
大阪府堺市堺区に本社を置く、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツメーカー。『フィッシング・カフェ』は、釣りを愛するすべての人に、これから釣りを始めてみようという人たちも、気ままに集ってお茶でも飲みながら釣りについて語り合う「カフェ」そんな思いを込めました。雑誌『フィッシング・カフェ』を中心に、釣りビジョン(BS・CSTV)でも「フィッシング・カフェ」を放送。そしてホームページを通じても、釣りをめぐるさまざまな話題や情報などを発信し、釣り仲間の意見交換や交流を深めつつ、楽しい釣り文化を創造していきたいと考えています。
タイトルヨミ
カナ:フィッシングカフェ
ローマ字:fisshingukafe

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。