近刊検索 デルタ

2019年8月15日発売

溪水社

ハイデガーと時間性の哲学

根源・派生・媒介
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ハイデガーの哲学を「時間性(Zeitlichkeit)」という主題への一貫した取り組みとして明らかにすることで、この哲学の根本問題を「根源」と「派生」の問題として浮き彫りにし、その問題の解決を「媒介」という概念を用いて提示する。
目次
序論 時間性の哲学――存在と時間の連関の解明

【第一部 ハイデガーの時間性の哲学】

第一章 時間性と時間内部性

 第一節 時間性と通俗的時間概念
 (1)時間性とその脱自的‐地平的性格
 (2)通俗的時間概念との対比
 第二節 時間内部性の派生
 (1)時間性と時間内部性の区別
 (2)派生についての二種類の説明
 第三節 世界時間と自然時間
 (1)世界時間の三つの本質性格
 (2)世界時間への自然時間の還元――ミシェル・アールの批判の検討
 第四節 時間内部性の派生の限界――根源的自然による抵抗

第二章 時間性と歴史性

 第一節 本来性と非本来性
 (1)基本的定義の明確化
 (2) 誤解の防止
 (3) 無差別相の問題
 (4) 実存様態の二者択一性の問題
 第二節 気遣いの意味としての時間性
 (1) 根源的で本来的な時間性
 (2) 自己性(自立性)と時間性
 第三節 本来的時間性と非本来的時間性
 (1) 三つの脱自態
 (2) 瞬間の問題
 (3) 将来の優位
 第四節 歴史性の演繹とその限界
 (1) 時間性と歴史性の関係の曖昧さ
 (2) 歴史性と時間内部性
 (3) 語りの歴史的性格――根源的歴史による抵抗
 第五節 『存在と時間』の挫折と転回

第三章 時間性と時性

 第一節 存在論の存在者的基礎の探究としてのメタ存在論
 第二節 超越と時間性
 (1) 超越の問題
 (2) 超越・時間性・志向性
 (3) 世界進入
 第三節 時性の問題圏
 (1) 時間性と時性の関係
 (2) 三つの地平的図式の規定
 (3) 三つの地平的図式の連関――時間性と時性とのあいだの隙間
 第四節 カント哲学の現象学的解釈
 第五節 超越論的構想力と根源的時間性
 (1) 純粋綜合(構想力)と時間性
 (2) 純粋直観(時間)と時間性
 (3) 純粋思考(統覚)と時間性
 第六節 自己触発としての時間

第一部総括――ハイデガーの時間性の哲学の成果と課題

【第二部 フランスの哲学者たちによる時間性の哲学との対決】

第一章 ハイデガーとレヴィナス

 第一節 「ハイデガーと存在論」
 (1) レヴィナスの『存在と時間』読解
 (2) 存在論主義
 第二節 存在・存在者・イリヤ
 (1) 存在論的差異の批判的継承
 (2) 不安の無と恐怖のイリヤ
 第三節 一九四七/四八年のレヴィナスの時間論
 (1) ハイデガーとレヴィナスそれぞれの出発点と課題
 (2) 超越の二つの形態――脱自と実詞化
 (3) 他人からの働きかけ
 第四節 レヴィナスのハイデガー解釈の検討

第二章 ハイデガーとリクール

 第一節 『存在と時間』と『時間と物語』
 (1) リクールの『存在と時間』読解
 (2) 時間性のアポリア論
 第二節 根源か媒介か――リクールの構想力解釈
 (1)『過ちやすき人間』の構想力解釈
 (2)『時間と物語』の構想力解釈
 第三節 自立性と物語的自己同一性
 (1)『他者のような自己自身』のハイデガー解釈
 (2) 他性の第三様態――ハイデガーとレヴィナスとのあいだで
 第四節 リクールのハイデガー解釈の検討

第三章 ハイデガーとデリダ

 第一節 解体と脱構築
 (1) ハイデガーにおける解体と克服
 (2) デリダにおける脱構築
 第二節 根源的時間と根源的歴史
 (1) デリダの『存在と時間』読解
 (2) 自己触発と自己伝承
 第三節 現前性の形而上学
 (1) 現前性の問題と時間のアポリア
 (2) アリストテレスとヘーゲルの時間論に関する註とその再解釈
 (3) デリダのハイデガー解釈
 (4) 時間性と差延
 第四節 デリダのハイデガー解釈の検討

第二部総括――それぞれの対決の共通点と相違点

結論――根源・派生・媒介

文献表
著者略歴
峰尾公也(ミネオキミナリ mineokiminari)
1986年、東京都生まれ。2018年、早稲田大学大学院文学研究科哲学コース博士後期課程単位取得退学。現在、早稲田大学非常勤講師。主要業績:「ハイデガー、デリダ、現前性の形而上学ーーその「批判」の解明」(『終わりなきデリダーーハイデガー、レヴィナス、サルトルとの対話』齋藤元紀・澤田直・渡名喜庸哲・西山雄二編、法政大学出版局、2016年)。「時間性のアポリアの詩的解決ーーリクールのハイデガー解釈について」(『実存思想論集 XXXII』実存思想協会編、理想社、2017年)。
タイトルヨミ
カナ:ハイデガートジカンセイノテツガク
ローマ字:haidegaatojikanseinotetsugaku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

溪水社の既刊から
迫勝則/著
鈴木由美子/編集 宮里智恵/編集
AlanGewirth/著 式部信/翻訳
本日のピックアップ
技術評論社:リンクアップ監修:デジタルアーツ株式会社 
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
草思社:堀秀道 門馬綱一 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。