近刊検索 デルタ

2020年9月19日発売

書肆侃侃房

私を夢だと思ってください

Suzuki Yuriika Selection
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1984年に現代詩ラ・メール新人賞で鮮烈デビューした鈴木ユリイカ。『MOBILE・愛』(第36回H氏賞)、『海のヴァイオリンがきこえる』(第3回詩歌文学館賞)、『ビルディングを運ぶ女たち』という3冊の詩集を上梓したあと、長く詩集の出版が待たれましたが、今回実に29年ぶりの新詩集が発刊されます。
長年にわたって戦争や平和、家族、社会、芸術についてなど、壮大なテーマに真摯に向き合ってきた鈴木ユリイカのその後をたどる3冊を、「Suzuki Yuriika Selection」として1か月に1冊刊行いたします。2冊目『私を夢だと思ってください』では、過去から未来へ、未来から現在へとメビウスの環のように時空をめぐりながら、詩について、芸術について、あるいはいのちの喜びや哀しみについて、私たちに語りかけてくるような作品群となっています。
著者略歴
鈴木ユリイカ(スズキユリイカ suzukiyuriika)
1941年岐阜県生まれ、東京在住。3歳から6歳までを台湾で、その後18歳までを青森県で暮らす。明治大学仏文科卒。1983年に創刊された「現代詩ラ・メール」に投稿、翌年第1回ラ・メール新人賞受賞。詩集に『MOBILE・愛』(1986年・第36回H氏賞)、『海のヴァイオリンがきこえる』(1988年・第3回詩歌文学館賞)、『ビルディングを運ぶ女たち』(1991年)、『現代詩文庫 鈴木ユリイカ詩集』(2015年)がある(いずれも思潮社刊)。絵本に『おしょうがつさん』(世界文化社)、『たんぽぽのたねとんだ』(福音館書店)など。 責任編集を務める詩誌「something」(2005年創刊・年2回 書肆侃侃房刊)は2020年7月で31号となった。
タイトルヨミ
カナ:ワタシヲユメダトオモッテクダサイ
ローマ字:watashioyumedatoomottekudasai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

書肆侃侃房の既刊から
小池正博/著・編集
高原英理/著
織江耕太郎/著
もうすぐ発売(1週間以内)
アリス館:まはら三桃 めばち 
筑摩書房:恩田陸 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
KADOKAWA:サラブレ編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。