近刊検索 デルタ

2021年2月7日発売

書肆侃侃房

開けてもいい玉手箱

ショートショートの小箱
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あなたが出会うのは、命を狙う死神?教え子思いの先生?遠い国のお姫さま?時をもどす宇宙人?それとも、玉手箱から出てくるのは……。

『森の美術館』『切手の贈り物』に続く第3弾!
さぁ、不思議な世界へひとっとびしてみましょう。


人生といえば、私はよく次の言葉を思い浮かべます。
「人生とは冥土までの暇つぶし」
 なかなか味わい深い言葉ですね。これは、「人生とは?」と問われたある大僧正の答えです。このあと「だからこそ、上等な暇つぶしをしなさい」と、大僧正は続けます。本書のショートショートは、原稿用紙2枚から8枚までの小品です。
本書が、読者の皆様にとって「上等な暇つぶし」となることを願っています。(著者あとがきより)
目次
Ⅰ章 食い鉄列車
 幻のように
 食い鉄列車 
 廃病院 
 未来の縄文
 真二つの人
 笑う板金屋
 グレーゾーン
 雑居ビルの怪
 錬金術
 縁結び
 都市伝説マンション
 グルメ遍路

Ⅱ章 しばてん
 殿様の愛猫
 プレゼント 
 しばてん 
 姫の恋物語 
 燕の卵
 精霊
 うば皮
 占い師の言葉
 みょうがの効き目
 思わぬ宝
 策略 
 幽霊かご

Ⅲ章 饅頭先生
 理科準備室の怪 
 饅頭先生 
 スピーチの達人 
 天国アクセサリー 
 校長の砂時計 
 目撃者の証言
 呪い爺
 きもだめし
 お知らせドア
 竹の湯かべ新聞
 花を踏む人
 哲学なき者は去れ

あとがき
著者略歴
目代雄一(モクダイユウイチ mokudaiyuuichi)
高知県生まれ。学校勤務を経て、現在はショートショート作家。著書に『切手の贈り物』、『森の美術館』、『デビルの仕業』があり、単行本とともに電子版も配信中。
タイトルヨミ
カナ:アケテモイイタマテバコ
ローマ字:aketemoiitamatebako

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
講談社:西田幸樹 
共立出版:小池直之 
講談社:小松江里子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。