近刊検索 デルタ

2021年1月24日発売

書肆侃侃房

ひかりの針がうたふ

現代歌人シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
光漏る方へ這ひゆくひとつぶの命を見つむ闇の端より

早朝の水質検査が終わるころ
斜めに差してくる幾本もの光
まっすぐ歌がやってくる


【自選5首】
言葉を五つ児が覚えたるさみしさを沖の真闇へ流して帰る
生なべて死の前戯かも川底のへどろ剥がれて浮かびくる午後
詩が僕を訪ねないので浜を這ふ蔓菜に死者の記憶を語る
うみそらの澄みゆく朝に切る舵の肌寒を妻と分かちたきかな
海沿ひに二年を生きて去るわれへ朝の汽笛は低く響けり
著者略歴
黒瀬珂瀾(クロセカラン kurosekaran)
1977年、大阪府生まれ。春日井建に師事。歌集に『黒耀宮』(ながらみ書房出版賞)、『空庭』、『蓮喰ひ人の日記』(前川佐美雄賞)。未来短歌会選者、読売歌壇選者。富山市の願念寺住職。
タイトルヨミ
カナ:ヒカリノハリガウタウ
ローマ字:hikarinoharigautau

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

書肆侃侃房の既刊から
目代雄一/著
久石ソナ/著 山田航/監修
笹川諒/著 内山晶太/監修
不動まゆう/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:平岡聡 
集英社:芥見下々 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。