近刊検索 デルタ

2021年1月23日発売

Jリサーチ出版

TOEIC® L&R TEST長文読解問題集TARGET730

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 TOEIC L&R TESTのPart7(長文読解パート)を攻略するためのコンパクトサイズの問題集。730点を突破するために必要なスキルを効率よく身に着けられるようにするために、本番のPart7よりも問題数の多い、23セット80問で構成されています。
 本書は、ただ単に問題を解くのではなく、解法のポイントを意識しながら問題に取り組み、解説文を読むことで正解に至る思考プロセスを学べる=真の実力がつく構成になっています。
 いきなり問題を解くのはハードルが高く感じる初級レベルの学習者のために、練習問題の前に「キーワードをチェック」し、「意識すべきポイントをチェック」することで、読解問題に対する苦手意識を軽減し、学習に取り組みやすくなっているのもポイントです。
 また、練習問題を解いた後、すぐに正解と解説を読んで、正解を導き出すための思考方法を知ることができる、学習しやすいスタイルも特長。
 なお、サイズもコンパクトなので、外出先でのスキマ時間を有効に使いたい、忙しいビジネスパーソンにもピッタリ。
 重要フレーズをランダムにクイズ形式で予習・復習ができる「ミニクイズ」や、実際のビジネスコミュニケーションで役に立つ便利な表現をチェックできる「ビジネスメールで使える表現」のコーナーを活用すれば、息抜き気分でしっかり英語力がアップできるのも大きなポイント。
 英語が得意ではないがTOEICを受けなくてはいけなくなって困っている人も、ビジネス語彙力に正直自信がない学習者も、必ずやPart7でスコアを伸ばせて結果を出せる、充実の一冊です!
[本書の5つの特長]
1 スコアの伸び悩みや本番での時間切れなどで多くの学習者が悩むPart7でスコアを稼げる工夫が満載!
2 TOEICの語彙力に不安がある初級者でも、取り組みやすいレッスン構成!
3 覚えておくと今後につながる「スコアアップポイント」が満載!
4 息抜きミニクイズで知らず知らずのうちに語彙力もアップ!
5 問題文を読み上げた音声付き。「このスピードで読めれば制限時間内に終わる」というのがリアルに体感できる!

音声の内容
目標タイムを実現するための目安となるスピードで読み上げられた、全ての練習問題の問題文を収録。
目次
はじめに --------------------2

目次  --------------------4

本書の使い方 --------------6
音声ダウンロードについて   ----12

Part 7の問題構成&攻略法
Part7の問題構成          ---------------13
Part 7の文書タイプと設問タイプ   ------------14
Part 7に出題される主な文書タイプと意識すべき点 ------15
Part 7に出題される設問タイプと意識すべき点 ------21
Part 7の解法 --------------------28

■Chapter 1
SP:シングルパッセージ 2~3問タイプ
Q1 – Q31 --------------------29

■Chapter 2
SP:シングルパッセージ 4問タイプ
Q32 – Q55 -------------------119

■Chapter 3
DP/TP:マルティプルパッセージ 5問タイプ
Q56 – Q80 -------------------169
著者略歴
野村 知也(ノムラ トモヤ nomura tomoya)
TOEIC®指導塾X-GATE(クロスゲート)代表。海外留学経験なしにTOEIC990点、英検1級を取得。学習者一人ひとりに合ったきめ細やかな指導とサポートが受講生から好評。著書に『頻度順1問1答 TOEIC® L&R テスト リーディング』(アスク出版)、共著書に『TOEIC®テスト新形式精選模試リスニング』、『TOEIC®テスト新形式精選模試リーディング』(ジャパンタイムズ)、『TOEIC® L&Rテスト 必ず☆でる問題 学習スタートブック』(Jリサーチ出版)がある。趣味は料理と読書。
タイトルヨミ
カナ:トーイックエルアンドアールテストチョウブンドッカイモンダイシュウターゲットナナヒャクサンジュウ
ローマ字:tooikkueruandoaarutesutochoubundokkaimondaishuutaagettonanahyakusanjuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
文藝春秋:堂場瞬一 
講談社:西田幸樹 
共立出版:小池直之 
講談社:小松江里子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。