近刊検索 デルタ

2022年2月3日発売

戎光祥出版

出版社名ヨミ:エビスコウショウシュッパン

図説 武田信玄

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
戦国時代の雄・武田信玄の生涯をクロニクル形式で徹底解説いたします。領土の変遷、合戦時の陣配置・陣形、嫡流や分家筋の系図など図版を多数用いるとともに、現地取材によって収集した資料、写真なども多数掲載、ビジュアル版武田信玄概説書として制作いたしました。
目次
Ⅰ 誕生から初陣、甲斐守護となるまで 
名門・甲斐の武田信虎に嫡子勝千代が誕生/元服して〝晴信〟、京の公家・三条公頼の息女を娶る/晴信の初陣/前代未聞の無血クーデター、父信虎を追放する

Ⅱ 信濃制圧への軍事行動を開始 
海野氏支援で上杉憲政が信濃へ侵攻、同盟路線が破綻/佐久・上伊那の平定戦、止まぬ信濃国衆との戦い/駿河争乱に晴信が仲介、今川と北条が和睦し三国同盟が成立/志賀城攻略、捕虜となった多くの男女が人身売買の対象に/甲斐の家臣・領民に法令(『甲州法度之次第』)を発布/板垣信方・甘利虎泰が討ち死に! 上田原で村上軍に敗れる/敗戦の傷癒えぬ中、塩尻峠で宿敵・小笠原長時を破る/穴山の大酒で村上義清と和睦ならず。転じて小笠原氏を殲滅/砥石崩れ/小笠原長時・村上義清が越後の長尾景虎を頼って逃亡

Ⅲ 川中島の戦い 
第一次川中島合戦/嫡男義信の結婚を契機に、今川・北条と軍事同盟を締結/義信が佐久で初陣、木曽氏を従属させ下伊那郡を平定/斎藤道三が東美濃へ侵攻、遠山氏の武田従属を口実に/第二次川中島合戦/第三次川中島合戦/信濃守護職に補任され、出家して〝信玄〟と号す/善光寺如来の甲斐移転、沿道の人々が歓呼の声で迎える/長尾景虎が小田原城攻囲、関東管領となり上杉政虎と名乗る/第四次川中島合戦

Ⅳ 武田信玄の新たな野望 
北条氏康の要請で西上野へ侵攻、長野氏の国衆連合と激突/北条氏康と共に松山城に在陣、上野国衆へ調略を開始/第五次川中島合戦/斎藤・織田など周辺諸国の抗争、信玄は信長と同盟締結/家中に激震、嫡男の義信による信玄暗殺計画が露見/長野氏業が自刃し滅亡、箕輪城を西上野支配の拠点とする/真田父子の上野白井城攻略と謎に包まれた武田義信の死/将軍義昭が今川を切り捨て、武田・織田・徳川と同盟を締結/最後の川中島合戦

Ⅴ 駿河侵攻と三国同盟の崩壊 
今川家臣を調略、氏真は敗走し駿府が灰燼に帰す/駿河侵攻の信玄、危機一髪の事態を回避し甲府へ帰還/将軍義昭・信長の仲介で武田と上杉の和議が成立/北条氏康に衝撃を与えた信玄の小田原城攻囲と三増峠の激戦/駿府を再占領、駿河湾水運を掌握し武田水軍を編成

Ⅵ 武田信玄、最後の作戦 
上杉輝虎が武田の使僧を斬り信玄と断交、家康と同盟を結ぶ/武田軍の秩父攻めで「人民断絶」、北条氏政との同盟復活/足利義昭政権を実質的に支えていた信玄と信長/松永久秀・三好三人衆・本願寺顕如と結び信長と全面戦争へ/北陸との連携強化で飛驒へ侵攻、江馬氏・三木氏が帰属/比叡山焼き討ち、延暦寺の再興を甲斐で画策する/信長・謙信を翻弄する一方、密かに遠江へ進軍開始/断交に激怒する信長、信玄は「散三ヶ年之鬱憤」を理由に/山県・馬場の進言で二俣城攻略、岩村城も帰属させる/三方原合戦で勝利、自ら天下静謐を行うと足利義昭に伝える/勢いづく反信長勢力、撤退した朝倉勢に怒りと落胆/巨星墜つ、天下静謐は信長の手に委ねられた
著者略歴
平山優(ヒラヤマユウ hirayamayuu)
タイトルヨミ
カナ:ズセツ タケダシンゲン
ローマ字:zusetsu takedashingen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
フォト・パブリッシング:寺本光照 
ふらんす堂:種谷良二 
NHK出版:オカズデザイン NHK出版 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。