近刊検索 デルタ

2020年7月2日発売

水王舎

『かずとけいさん』年中 (出口式みらい学習ドリル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
他書では決して学ぶことのできない
『出口式みらい学習ドリルシリーズ「かずとけいさん」』新登場!

脳は6歳までに80%発達し、12歳頃に完成する
言語を使うことにより脳は育てられる…

★抽象概念の「数」を「具体的に言葉で表現する」他書にはない「出口式かずとけいさん」
幼児期から「国語の自然言語」と「算数の人工言語」両方を同時に学び「言葉で表現する」ことにより、「論理力」「思考力」をさらに向上させる、これまでにない「さんすう」教材です。

「具体・抽象」を学び「論理的」に数や計算を理解する…
ニワトリ5羽(具体)、おはじき5個(半具体)、数字の5(抽象)それぞれ別々の「5」を、同じ「5」としてとらえる「頭の使い方」を身につけることができます。

子どもはリンゴが1個あっても、それが数字の1であることを理解できていません。
そもそも、数字の1は人類が決めた抽象的な概念で、1・2・3…ではなく a・b・c…と決められていたら、いま世界中どこにでもある「10」 が 「a j 」 になっていたかもしれない…

そんな抽象的な数字の「1」と、具体的なリンゴの1個が同じ「1」であることを理解する。
言葉を使って抽象的概念である数字や式の意味を理解して表現する。
⇒「論理的」に算数の考え方が身についてしまう…のが『出口式かずとけいさん』です。

★「数」を「言葉で表現する」とは?
一見、足し算・引き算は普通の算数ドリルと同じに見えても、数や計算を繰り返し学習する他書と一線を画すのが「論理力・思考力」を用いて『さんすうを言葉で表現する』ことです。

「4+2=6 この数式となる問題文を作りなさい」という独自の「問題文作成」…単に式や計算にとらわれるのではなく『言葉を使ってさんすうを表現する』ことにより、抽象的な数の学習においても「論理力・思考力」を育てます。

身近な「具体物」を用い、キャラクターのわかりやすい問いかけと説明によって、「難しくて抽象的な数の概念」を「簡単に言葉で表現できる」ようになります。

何年か後に、
計算そのものはすべて、コンピューターや機械がやってくれる時代がやってきます。

その新しい時代…
21世紀を生き抜く子どもたち必要なのは、計算力ではありません。

「情報を頭の中できちんと整理する」
「整理できるから考えることができる」
「自分の頭の中で整理できているから、論理的に説明ができる」こと。

「論理力」「読解力」「思考力」の習得はもちろん、これまでのさんすうとは異なる「論理的に数を理解し表現できる」ことが必要とされる時代が来るでしょう。

新しい時代に向けた、大人が読んでも為になる『考える力を養う出口式さんすう』…本当の「数」の概念を改めて認識し、お子様と一緒に感動してみてはいかがでしょう!
著者略歴
出口汪(デグチヒロシ deguchihiroshi)
1955年東京生まれ。関西学院大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。広島女学院大学客員教授、論理文章能力検定理事、東進衛星予備校講師、出版社「水王舎」代表取締役。現代文講師として、予備校の大教室が満員となり、受験参考書がベストセラーになるほど圧倒的な支持を得ている。また「論理力」を養成する画期的なプログラム「論理エンジン」を開発、多くの学校に採用されている。著書に『出口汪の「最強! 」の記憶術』『芥川・太宰に学ぶ 心をつかむ文章講座』『大人のための本当に役立つ小学生漢字』(以上、水王舎一般書)、『出口のシステム現代文シリーズ』『システム中学国語シリーズ』『小学生版論理エンジンシリーズ』『はじめての論理国語シリーズ』『幼児ドリルシリーズ「ろんり」「絵でおぼえるかんじ」』(以上、水王舎 幼児・小・中・高学参)などがある。
タイトルヨミ
カナ:デグチシキミライガクシュウドリルカズトケイサンネンチュウサンサイヨンサイゴサイ
ローマ字:deguchishikimiraigakushuudorirukazutokeisannenchuusansaiyonsaigosai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
金子書房:江川玟成 
技術評論社:技術評論社編集部+AYURA+稲村暢子+リブロワークス 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。