近刊検索 デルタ

2018年12月14日発売

幻戯書房

アラン『定義集』講義

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アランを学び、自分で思索を深める人のための哲学講義
哲学者アランが、カードに書き遺した264の言葉をめぐる『定義集』。定義から定義へと思索が飛躍する『定義集』の完全新訳と原稿3000枚におよぶ徹底的な註解のレッスンを通してアラン哲学の面白さ楽しさがせまってくる一冊。散文を《読んで聴かせる》授業から生まれた正統派の哲学講義。
著者略歴
米山優(ヨネヤママサル)
1952年東京生まれ。1982年東京大学大学院人文科学研究科単位取得退学。名古屋大学名誉教授。博士(学術)。著書に、『モナドロジーの美学--ライプニッツ/西田幾多郎/アラン』(名古屋大学出版会、1999)など。訳書に、ライプニッツ『人間知性新論』(みすず書房、1987)、『ライプニッツ著作集 第八巻(前期哲学著作)』(共訳、工作舎、1990)、など

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 20号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。