近刊検索 デルタ

2020年2月7日発売

幻戯書房

湘南の身近な草との語らい

松本千鶴画集;2
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
モチーフとされることが稀な雑草を描くことによって見えてくる、その生態と形象のすばらしさと、そこから学ぶ生き方を、270点余の植物画であらわす。ボタニカル・アートの魅力。
目次
食べられる草        
 ロゼット         
 毒草       
 安曇野の植物        
 ボタニカルアートと枯れた植物の魅力       
 待ってくれる枯れた植物        
 美しく枯れる植物       
 イネ科の植物        
 イネ科の牧草      
 帰化植物    
 湿地の植物
著者略歴
松本千鶴(マツモトチヅル matsumotochizuru)
1951年生まれ。神奈川県で育つ。東京芸術大学卒。美術教諭を経て、現在、平塚市にて植物画教室を主宰。植物画集に『草花に想いをよせて』がある。
タイトルヨミ
カナ:ショウナンノミヂカナクサトノカタライ
ローマ字:shounannomijikanakusatonokatarai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

幻戯書房の既刊から
善渡爾宗衛/編集 杉山淳/編集
バリェ゠インクラン/著 大楠栄三/翻訳
鈴木創士/著
松本千鶴/著・イラスト
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉林堅次 正木仁 市橋正光 
東洋館出版社:鈴木ヒデトシ ノグチノブコ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。