近刊検索 デルタ

2019年1月14日発売

法研

その症状って、本当に認知症?

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「認知症と診断されたが、実は認知症ではなかった!?」
認知症は患者数が多いので、身近な高齢者にもの忘れが増えたり、以前と比べて変わった様子を見ると「認知症かな?」と考えがちです。しかし、認知症のように見えて認知症ではない、治療可能な病気はたくさんあります。医師から「認知症」と診断された例でも、後から違ったとわかることもあります。適切な治療をすることで認知機能が回復する例も少なくありません。また、高齢者の認知機能は、環境や体調などからも影響を受けやすいものです。
本書は認知症と間違えやすい病気、高齢者の認知機能を低下させる要因を解説し、認知機能を回復する可能性があれば適切な対処を行い、患者さん自身もご家族もいきいきと暮らすための対処法や工夫を紹介します。
目次
第1章 その症状は、認知症ではないかもしれない?
認知症かな?と思ったら ほか
第2章 認知症と間違われやすい病気
認知症と似た症状があらわれる高齢者に多い病気 ほか
第3章 認知機能を悪化させる要因
心理状態、精神状態との関わり ほか
第4章 体の不調で低下する認知機能
体の不調で認知症もどきになる? ほか
第5章 自分でできる 認知症を進ませない工夫
認知症リスクを減らす工夫 ほか
著者略歴
朝田 隆(アサダ タカシ)
メモリークリニックお茶の水 院長・理事長。東京医科歯科大学特任教授。筑波大学名誉教授。 1955年生まれ。1982年東京医科歯科大学医学部卒業。東京医科歯科大学神経科、山梨医科大学精神神経科、国立精神・神経センター武蔵病院勤務、イギリスオックスフォード大学老年科留学などを経て、2001年、筑波大学臨床医学系(現、医学医療系臨床医学域)精神医学教授、2014年7月、東京医科歯科大学医学部特任教授、2015年4月より筑波大学名誉教授、メモリークリニックお茶の水院長。 日本老年精神医学会副理事長、日本認知症学会理事、日本神経精神医学会監事。専門はアルツハイマー病の臨床、認知症の早期診断法・予防。著書多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

法研の既刊から
国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科、肝胆膵外科、他/著・編集
本日のピックアップ
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 
秀和システム:羽石相 
日本法令:税理士法人タクトコンサルティング 
経済産業調査会:河野英仁 
北樹出版:原信夫 井上美鈴 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。