近刊検索 デルタ

2018年1月25日発売

藤原書店

幻の詩集、復元に向けて

『日本風土記』/『日本風土記 Ⅱ』
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
待望のコレクション、いよいよ発刊!
その詩のすべてと、随筆や評論、講演、そして「金時鐘論」までを集成し、満を持して刊行される珠玉のコレクション!! 数年前に発見、復元された幻の第三詩集『日本風土記Ⅱ』が遂に公刊! 「詩を書くことは、自分の中に棲みついた日本語に報復すること」! [解説]宇野田尚哉・浅見洋子 [解題]浅見洋子
[推薦]鶴見俊輔・辻井喬・金石範・高銀・吉増剛造・四方田犬彦・鵜飼哲・佐伯一麦
-----
金時鐘コレクション(全12巻)
第1巻 日本における詩作の原点 詩集『地平線』ほか未刊詩篇、エッセイ
第2巻 幻の詩集、復元にむけて 詩集『日本風土記』『日本風土記Ⅱ』
第3巻 海鳴りのなかを 長篇詩集『新潟』ほか未刊詩篇
第4巻 「猪飼野」を生きるひとびと 『猪飼野詩集』ほか未刊詩篇、エッセイ
第5巻 日本から光州事件を見つめる 詩集『光州詩片』『季期陰象』ほかエッセイ
第6巻 新たな抒情をもとめて 『化石の夏』『失くした季節』ほか未刊詩篇、エッセイ
第7巻 在日二世にむけて 「さらされるものと、さらすものと」ほか 文集Ⅰ
第8巻 幼少年期の記憶から 「クレメンタインの歌」ほか 文集Ⅱ
第9巻 故郷への訪問と詩の未来 「五十年の時、月より遠く」ほか 文集Ⅲ
第10巻 真の連帯への問いかけ 「朝鮮人の人間としての復元」ほか 講演集Ⅰ
第11巻 歴史の証言者として 「記憶せよ、和合せよ」ほか 講演集Ⅱ
第12巻 人と作品 金時鐘論 在日の軌跡をたどる

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。