近刊検索 デルタ

2019年11月9日発売

さくら舎

武士道の英雄 河井継之助

薩長を脅かした最後のサムライ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
非道の薩長に屈しなかった長岡の英雄!

幕末の動乱期、強大な武力を有する薩長軍に、敢然と立ち向かった越後長岡の雄、河井継之助。類まれなるリーダーシップと強い正義感、時代の先を読む鋭い目を持つサムライは、ギリギリまで北越戊辰戦争を回避しようとしていた。

薩長軍の理不尽で横暴な振る舞いの前に、やむにやまれず立ち上がったサムライは、自ら最新鋭のガットリング機関砲を操り、一度は奪われた長岡城の奪還に成功。最後まで戦場の最前線に立ち、非道に決して屈しなかった“武士道の英雄”の壮絶な戦いと死を描く。

映画化進行中!(役所広司・主演、司馬遼太郎・原作)
目次
第一章 憧れの江戸遊学
第二章 陽明学の大家、山田方谷に学ぶ 
第三章 武器商人スネル兄弟
第四章 公用人抜擢 
第五章 大昇進した継之助の大胆改革
第六章 戦争の匂い 
第七章 筆頭家老就任と幕府滅亡
第八章 運命の小千谷談判 
第九章 北越戊辰戦争 壮絶長岡の戦い
第十章 世紀の大作戦
著者略歴
星亮一(ホシリョウイチ hoshiryouichi)
1935年、宮城県仙台市に生まれる。一関第一高校、東北大学文学部卒業後、福島民報社記者となり、福島中央テレビ役員待遇報道制作局長を経て、歴史作家になる。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期修了。 著書には『伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男』『京都大戦争』『呪われた明治維新』『明治維新 血の最前戦――土方歳三 長州と最後まで戦った男』『呪われた戊辰戦争』(以上、さくら舎)、『偽りの明治維新』(だいわ文庫)、『斗南藩――「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起』(中公新書)などがある。 『奥羽越列藩同盟』(中公新書)で福島民報出版文化賞、会津藩と新選組の研究でNHK東北ふるさと賞、『国境の島・対馬の今』(現代書館)で日本国際情報学会功労賞を受賞。
タイトルヨミ
カナ:ブシドウノエイユウカワイツギノスケ
ローマ字:bushidounoeiyuukawaitsuginosuke

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

さくら舎の既刊から
春花ママ/著 ジョジー/著 瀬川千秋/翻訳
堀本裕樹/著 ねこまき(ミューズワーク)/著
本日のピックアップ
秀和システム:小野泰輔 清水隆介 前田周輝 三好淳一 山口将央 
技術評論社:横田一輝 
エスシーシー:境祐司 
SBクリエイティブ:中島輝 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。