近刊検索 デルタ

8月1日発売予定

遠見書房

出版社名ヨミ:トミショボウ

ひきこもりと関わる

日常と非日常のあいだの心理支援
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
他者のいる場所に居られるようになることが,ひきこもりの人にとって社会との接点を回復する第一歩となります。著者は10年以上にわたって,ひきこもり者が就労ではなくただ居られることを目的として,サポート・グループを運営してきました。
本書は,その居場所支援と地域の他のグループ代表者との連携の実践を通して模索してきた,臨床心理学視点からのひきこもり支援論です。当事者たちの言葉からひきこもりの心理を丹念に捉え,支援活動の経験から現場で役立つポイントを整理しました。他者と関わることができない人といかに関わればよいのか。コミュニティで共に生きる仲間としてできるひきこもり支援とは何かを追求した一冊です。
目次
第1部 ひきこもりの理解
第1章 ひきこもりの心理
第2章 時間を止めた人たち―ひきこもりの“時間”考
第3章 全てのものはところてんだ!―ひきこもりの“普通”考
第2部 ひきこもりの支援
第4章 ひきこもり支援の枠組み―サポート・グループの実践より
第5章 サポート・グループを通した支援
第6章 ひきこもり者と関わる際のポイント
第7章 家庭訪問
第8章 親面接
第3部 “支援者”と“当事者”の関係性
第9章 セルフヘルプ・グループ代表者との協働
第10章 支援者の“当事者性”
著者略歴
板東充彦(バンドウミツヒコ bandoumitsuhiko)
タイトルヨミ
カナ:ヒキコモリトカカワル
ローマ字:hikikomoritokakawaru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

遠見書房の既刊から
小森康永/著 岸本寛史/著
藤原俊通/著・編集 内野小百合/著 佐々木敦/著 田中敏志/著 脇文子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。