近刊検索 デルタ

2021年3月26日発売

WAVE出版

あなたが未来に選択肢を残すための「よりよい」生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
無期懲役囚として一生を刑務所の中で生きることを決意。

日々を読書に費やし、月に100冊以上、これまで実に80000冊を超える本を読破、世の変遷を塀の中から見つめ、多くの著書もある著者が、これから社会に出ている若者たちに伝えたいこと、残したいことを、わかりやすい言葉と特殊な立場ならではの説得力で語っていく、生き方の指南書。

学ぶこと、働くこと、お金のこと、これからの日本のこと──
「今」から一生役に立つ、輝ける人生の送り方!
目次
はじめに
第一章…なんで学ぶのか
コラム 「学ぶ」の本棚
第二章…なんのために働くのか
コラム 「働く」の本棚
第三章…なんで政治に参加するべきなのか
コラム 「政治」の本棚
第四章…なんで本を読むべきなのか
コラム 「読書」の本棚
第五章…なんでコミュニケーションが必要なのか
コラム 「コミュニケーション」の本棚
第六章…なんで生きるのか
コラム 「生きる」の本棚
第七章…なんでお金が必要なのか
コラム 「お金」の本棚
第八章…これからの日本とあなたの未来について
コラム 「これから」の本棚
おわりに
著者略歴
美達 大和(ミタツ ヤマト mitatsu yamato)
1959年生まれ。無期懲役囚。刑期10年以上の受刑者が収容される「LB刑務所」に服役中(仮釈放は放棄)。 著書に『人を殺すとはどういうことか』『死刑絶対肯定論』(共に新潮社)、『ドキュメント長期刑務所』、『私はなぜ刑務所を出ないのか』(扶桑社)、『人生を変える読書』(廣済堂)、『女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法』(プレジデント社、後に小学館文庫)、『日本と韓国・北朝鮮 未解決問題の真実』(育鵬社)。小説では『マッド・ドッグ』(河出書房新社)、『牢獄の超人』(中央公論新社)がある。これまで8万冊以上の本を読破。現在も毎月100冊以上読む。WEBサイト「無期懲役囚、美達大和のブックレビュー」では近現代史、各種社会問題、仕事、自重筋トレ、長期刑務所と受刑者などのテーマについて情報を提供している。
タイトルヨミ
カナ:アナタガミライニセンタクシヲノコスタメノヨリヨイイキカタ
ローマ字:anatagamirainisentakushionokosutamenoyoriyoiikikata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 
角川春樹事務所:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。