近刊検索 デルタ

2023年3月22日発売

WAVE出版

出版社名ヨミ:ウェイブシュッパン

全部うまくいかないのはわたしが頑張りすぎるから

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「最近仕事がまわらなくて辛い」
「悲しくもないのに涙が止まらない」
「なぜかずっと不安が消えない」

―—その悩みには「休む」しかありません!

実は、ほとんどの悩みは「疲労」から始まります。
だからこそ生きづらさを感じたときに必要なのは、
「心を強くする方法」でも「自己肯定感を上げる方法」でもなく、
とにかく「何もしない」こと、つまり休むことです。

ただ忙しい現代人にとって休むのはとてもハードルの高いこと。
「休んだほうが状況が悪くなる!」と思う人も多いでしょう。

そこで本書では、本当は休むべきなのに休めない人たちに、
“ちょうどいい”休み方をご紹介します。
ただ、休み方に「正解」はありません。
そのため、さまざまなケースを挙げて休み方のヒントを散りばめました。
きっとそのなかから自分に合う休み方が見つかるはず。

「頑張りたい!」というしがみつきを手放し、
柔軟に生きるための考え方が身につく一冊です。
目次
----------------------------------------------
Chapter1 「何もしない」ことから始めよう
Chapter2 「頑張りたい」へのしがみつきを手放す
Chapter3 ちょうどいい「休み方」を見つける
Chapter4 柔軟に生きるための「お守り」の言葉 
著者略歴
下園 壮太(シモゾノ ソウタ shimozono souta)
心理カウンセラー。NPO法人メンタルレスキュー協会理事長。元・陸上自衛隊衛生学校心理教官。 1959年、鹿児島県生まれ。82年、防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊入隊。陸上自衛隊初の心理幹部として、自衛隊員のメンタルヘルス教育、リーダーシップ育成、カウンセリングを手がける。大事故や自殺問題への支援も数多く、現場で得た経験をもとに独自のカウンセリング理論を展開。2015年に退官し、その後は講演や研修を通して実践的なカウンセリング技術の普及に努める。コロナ禍でNHKやJ-WAVE、NewsPicksなど、テレビ、ラジオ、ネットでの活躍が急増。 『自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術』(朝日新聞出版)、『「一見、いい人」が一番ヤバイ』(PHP研究所)、『とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?』(サンマーク出版)など著書多数。
タイトルヨミ
カナ:ゼンブウマクイカナイノハワタシガガンバリスギルカラ
ローマ字:zenbuumakuikanainohawatashigaganbarisugirukara

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
PHP研究所:川島真 鈴木 絢女 小泉悠 池内恵 
株式会社 世界文化社:世界文化社 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。