近刊検索 デルタ

7月20日発売予定

WAVE出版

出版社名ヨミ:ウェイブシュッパン

先生、「人新世」って何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「人新世」という地質学的な新しい時代を表す言葉がさまざまなジャンルの研究者たちを魅了している。
地質学者はもちろんのこと、人類学、進化学、哲学、芸術・文学、国際政治学などなど、地質学的な時代区分にすぎないこの言葉をこぞって取り上げ、議論しているのだ。いったいなんなのか。
まずは<第1部>でそもそもの意味を解説していくとともに、<第2部>では各研究ジャンルではどのような扱われ方をしているのかに触れることで多角的にこの新しい時代区分を理解していく。
そのうえで<第3部>、この新たな時代を生きる私たち人類の未来を最新科学の視点から眺めれば、衝撃的な姿(カタチ)を予測せざるを得ない。

AI、メタバース、ゲノム編集、サイボーグ、オルガノイド(ミニ臓器)。自らの手で一つの天体(地球)をも壊す能力を手に入れた人類が次に目指すものは何か……。
これらを専門的になりすぎないよう基本的な理解にとどめつつ、読者の関心を惹くワードを散りばめて解説していく教養書。
著者略歴
古沢 広祐(フルサワ コウユウ furusawa kouyuu)
1950年東京生まれ。大阪大学理学部卒業。京都大学大学院農学研究科博士課程(農林経済)研究指導認定、農学博士。地球環境問題に関連して永続可能な発展と社会経済的な転換、生活様式、持続可能な生産消費、世界の農業食料問題とグローバリゼーション、環境保全型有機農業、エコロジー運動、社会的経済・協同組合論などを研究。著書に『食べるってどんなこと?』(平凡社)、『食・農・環境とSDGs』(農文協)など。 國學院大學客員教授。特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES)代表理事。
タイトルヨミ
カナ:センセイジンシンセイッテナンデスカ
ローマ字:senseijinshinseittenandesuka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
止められるか俺たちを 暴走族写真集
日本には暴走族がいる

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
Gakken:宮野公樹 
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。