近刊検索 デルタ

2022年10月15日発売

リフレ出版/東京図書出版

謎図解 北斎 富嶽三十六景

龍が潜む・女体が潜む
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
謎づかい北斎の謎を図解。富嶽三十六景には多数の謎が仕込まれている。
図の解説文を読むと北斎の凄さが実感できる! 
本書に紹介する『富嶽三十六景』の19作品中だけでも、400を超える嘘・冗談・疑問・卓越した創意工夫などの”滑稽な”謎がある。謎の中には珠玉の工夫があって、北斎の卓越性を示している。本書にある94の図の中で気になる図の注を読めば、どれもが新発見になる。
目次
1.はじめに
2.歌川広重も北斎の作為を指摘していた
(1)尾州不二見原(北斎画と広重画の比較)
3.龍が潜む
(2)凱風快晴(赤富士を見下ろす龍)
(3)御厩川岸より両国橋夕陽見(富士稜線をつくる基準曲線)
(4)相州仲原(大入道の中の双龍)
(5)神奈川沖浪裏(波に潜む龍)
(6)駿州江尻(樹下波上の富士にジグザグを加えた構図)
(7)甲州石班澤(川波に潜む龍)
(8)青山円座松(松の中に潜む龍)
4.龍の存在を暗示する雲
(9)武陽佃嶌(龍の存在を暗示する雲-1)
(10)甲州三嶌越(龍の存在を暗示する雲-2)
(11)遠江山中(龍の存在を暗示する雲-3)
(12)諸人登山(龍の存在を暗示する雲-4)
5.社会体制批判
(13)下目黒(矜持をなくした武士-1)
(14)東海道品川御殿山ノ不二(矜持をなくした武士-2)
(15)隅田川関屋の里(武士をからかう)
(16)相州江の嶌(権威への反発-1)
(17)従千住花街眺望ノ不二(権威への反発-2)
(18)江都駿河町三井見世略図(権威への反発-3)
(19)東都浅草本願寺(権威への反発-4)
6.結び
著者略歴
大口 修史(オオグチ シュウジ ooguchi shuuji)
元高等学校生物教師 趣味 辺境観光旅行
タイトルヨミ
カナ:ナゾズカイホクサイフガクサンジュウロッケイ
ローマ字:nazozukaihokusaifugakusanjuurokkei

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

リフレ出版/東京図書出版の既刊から
上野正彦/著
川村賢一/著・写真
大野喜代治/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:鈴木ゴータ 
興陽館:TBSラジオ 鶴間政行 
講談社:西條奈加 
小学館:堂場瞬一 
原書房:高尾栄司 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。