近刊検索 デルタ

2020年6月12日発売

DU BOOKS

ナンシー

いいね!が欲しくてたまらない私たちの日々
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
■書評掲載■
・朝日新聞(2020.6.20)|下手に描いたら単なるパロディーにしかならないが、この作品はオリジナルの魅力を活かしたまま、みごとにネット時代に適応してみせた|ササキバラ・ゴウ氏

#戦前から続く超長寿マンガ × #スマホ中毒 = #笑撃のアップデート
全世界が共感♥
故・原田治も愛した伝説のアメリカン・コミックのヒロインがスマホを片手に大暴れ。

ナンシーってだぁれ?
■脇役から主人公に抜擢~愛されて80年
1922年に連載が始まったアメリカの新聞マンガ『フリッツィ・リッツ』に、主人公の姪として1933年初登場。しだいに人気を集め、1938年には彼女を主人公にした『ナンシー』の連載が開始。以降、作者の代替わりを重ねながら今日まで連載が続いている。

■世界のクリエイターたちを魅了
歴代作者のなかでも、特にナンシーの生みの親であるアーニー・ブッシュミラー(任期:1938~82年)による作品が有名。『ナンシー』の一場面を題材にした作品を遺しているアンディ・ウォーホルなど、クリエイターたちのあいだでも親しまれた。日本ではイラストレーターの故・原田治が偏愛したことで知られる。

■スマホ大好き!~今どきの女の子に生まれ変わって大反響
2018年、本書の著者オリヴィア・ジェイムスが歴代初の女性作家として6代目に就任。連載開始から80年以上の月日が経ち、近年はすっかりマンネリ化していたが、オリヴィアは先代までとはうって変わり、スマートフォンやSNSなど現代的な話題をふんだんに取り入れ、ネットで一躍話題に。
簡素な描線ながら、ときにメタ表現を用いた切れ味鋭いギャグがアーニー・ブッシュミラー時代を彷彿させるとして、ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙など数々の媒体で賞賛された。

〈収録内容〉
2018年4月9日から2019年1月13日のあいだ新聞紙上に掲載されたマンガ全277話を収録。
さらに、謎多き著者の正体に迫る「ミステリアスな『ナンシー』のマンガ家、オリヴィア・ジェイムスのレアなインタビュー」や、米コミック界のジェンダー不均衡を考察したコラム「ナンシーを経験する――アーニー・ブッシュミラーからオリヴィア・ジェイムスへの長い道のり」、ご存知『美少女戦士セ○ラ○ム○ン』とナンシーのコラージュ作品(!?)を含む「ファン・アート」など、スペシャルなコンテンツも満載。
著者略歴
オリヴィア・ジェイムス(オリヴィア・ジェイムス orivia・jeimusu)
コミック作家。『ナンシー』の6代目作者。オリヴィア・ジェイムス名義は筆名で、本名はおろか経歴その他の素性はいっさい謎に包まれている。
椎名ゆかり(シイナユカリ shiinayukari)
文化庁メディア芸術調査官、海外コミック翻訳者、東京藝術大学非常勤講師。海外マンガや論文の翻訳及び海外におけるマンガ状況について執筆も行う。 主な訳書は『マンガ学』『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞)、『アメリカン・ボーン・チャイニーズ』『ブラック・ホール』『サーガ』『モンストレス』他。
タイトルヨミ
カナ:ナンシー
ローマ字:nanshii

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

DU BOOKSの既刊から
ピーター・ドゲット/著 川村まゆみ/編集・翻訳
オリヴィア・ジェイムス/著 椎名ゆかり/翻訳
スティーブ・ヒンディ/著 和田侑子/翻訳 藤井友子/イラスト
プリンス/著 ダン・パイペンブリング/編集・翻訳 押野素子/編集・翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。