近刊検索 デルタ

7月16日発売予定

文響社

ひざ痛 変形性膝関節症 ひざの名医15人が教える最高の治し方大全

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ひざ痛の原因の8割以上は変形性膝関節症。患者数は推計3000万人に及び、高齢になるほど罹患リスクは高まり、一般的な薬物治療を受けても痛みを一時的に取る効果しか得られず、根本治療でないため年々悪化してしまう進行性の厄介な病気。鎮痛薬を服用しても再びすぐ痛みだす…服薬だけで本当に治る? ひざの水を抜いてもすぐたまる…また抜くべき? 手術を受ければ完治する? といった疑問を抱く患者さんは日本全国に1000万人前後はいるでしょう。 そんな数多くの患者さんやその家族のために、変形性膝関節症の真の治療法、そして何よりも完治に必要な運動療法などをわかりやすく紹介します。変形性膝関節症のほかのひざ痛を招く病気についての疑問にも答え、あらゆるひざ痛を完治に導く一冊を目指します。
著者略歴
黒澤尚 ほか14名(クロサワヒロシ ホカジュウヨンメイ kurosawahiroshi hokajuuyonmei)
黒澤尚=1970年3月東京大学医学部卒。東京大学整形外科助手、都立台東病院整形外科医長、米国ハーバード大学Brigham&Women's病院留学、東京大学医学部整形外科講師、東京逓信病院整形外科部長、順天堂大学整形外科主任教授、順天堂東京江東高齢者医療センター副院長を経て、現在、江東病院理事長、順天堂大学医学部整形外科学特任教授。日本整形外科学会整形外科専門医・評議員、日本整形外科学会スポーツ認定医、日本体育協会認定スポーツ医、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会名誉会員。専門は、腰・ひざなどの関節痛、スポーツ外傷、関節鏡手術、運動療法。運動療法では「黒澤式ひざ体操」を考案し効果を実証するなど、世界の整形外科医も一目置く日本の関節痛治療の第一人者。ほか14名は省略。
タイトルヨミ
カナ:ヒザツウ ヘンケイセイヒザカンセツショウ
ローマ字:hizatsuu henkeiseihizakansetsushou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
大蔵財務協会:椎谷晃 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。