近刊検索 デルタ

2021年1月14日発売

文響社

肺炎 誤嚥・新型コロナ・COPD 呼吸器・感染症の名医が教える 最高の防ぎ方・治し方大全

聞きたくても聞けなかった122問に専門医が本音で回答!
健康実用
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「いつも、むせる」
「タンが出る」
「せきがひどい」
「コロナを予防したい」
「インフルエンザにかかりたくない」
「カゼをよく引く」
「飲み込めない」
「タバコをよく吸う」
「肺炎球菌ワクチンについて知りたい」

……そんなみなさま、お待たせしました!
1問1〜2ページ構成のため難しい内容でもスラスラ読めて、知りたい内容が即座に理解できる大人気の病気Q&Aシリーズに、「肺炎」が新登場。肺炎は、誤嚥性肺炎も含めると日本人の死因の3位になっており、患者数もとても多い病気です。また、原因も多岐にわたっており、インフルエンザウイルス、肺炎球菌、新型コロナウイルスなどがあります。死に直結する非常に怖い病気であることから、予防がとにかく肝心です。肺炎の予防法から病院での治療法まで、すべてをQA形式でまとめた中高年必携の書。しかも、回答者は屈指の呼吸器科・感染症対策の専門医ばかりで信頼感も抜群。圧倒的情報量で、これ1冊で肺炎の全部がわかります。

●主な質問内容
・肺炎とはどんな病気?
・予防はできますか?治せますか?
・新型コロナウイルスの防ぎ方は?
・新型コロナウイルスに感染するとどうなりますか?
・COPDとはなんですか?
・誤嚥性肺炎になりやすいのはどんな人ですか?
・どんな症状が現れたら肺炎を疑うべきですか?
・マイコプラズマ肺炎とはどんな肺炎ですか?
・肺炎の原因になる「口内の雑菌」を減らすいい方法はありますか?
・おしゃべりも肺炎予防に役立つそうですが、1人暮らしはどうすればいいですか?
など全122問!!
医師に聞きにくいことにもズバリ回答!!
著者略歴
福永興壱ほか9名 フクナガコウイチホカ9メイ(フクナガコウイチホカゴメイ fukunagakouichihokagomei)
・福永興壱(慶應義塾大学医学部呼吸器内科教授・日本呼吸器学会理事) ・鎌田浩史(慶應義塾大学医学部呼吸器内科助教) ・山本寛(東京都健康長寿医療センター部長) ・奥仲哲弥(国際医療福祉大学教授) ・藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長) ・岡秀明(埼玉医科大学総合医療センター感染症科教授) ・平野浩彦(東京都健康長寿医療センター部長) ・佐々木英忠(東北大学医学部名誉教授) ・槻木恵一(神奈川歯科大学副学長)
タイトルヨミ
カナ:ハイエン ゴエン シンガタコロナ シーオーピーディー コキュウキ カンセンショウノメイイガオシエル サイコウノフセギカタ ナオシカタタイゼン
ローマ字:haien goen shingatakorona shiioopiidii kokyuuki kansenshounomeiigaoshieru saikounofusegikata naoshikatataizen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

文響社の既刊から
ジョン・C・ボーグル/著 山崎恵理子/翻訳
宮下恵茉/著 星谷ゆき/イラスト
渡辺朋/著 村上康成/著
オリヴァー・ジェファーズ/著 吉山朱里/翻訳
ジョージ・S・クレイソン/著
もうすぐ発売(1週間以内)
技術評論社:高橋正和 荒木粧子 池上美千代 岡田良太郎 唐沢勇輔 北澤麻理子 ほか
平凡社:長岡美代 
双葉社:春野恵 
アリス館:ともながたろ なかのひろみ 
光文社:佐々木功 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。