近刊検索 デルタ

2020年1月20日発売

大学教育出版

An ever normal granary and the solution for global prosperity

What we should learn from J. M. Keynes and Yamada Houkoku
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書では、ケインズの一般理論と山田方谷の藩政改革を対比し、その理論の限界を明らかにしている。つまり、方谷の改革理念が、市場に専売制という調整機構を導入し、経済を安定させるという、「供給が需要を生む」というセイの法則との関係性を解く
目次
Chapter 1
Cognition and J.M. Keynes’s economic philosophy and
Generative Economics
Chapter 2
Homeostasis and Complementary economic network
Chapter 3
Economic fluctuation and a cognitive phenomenon
Chapter 4
Cognition and J.M. Keynes’s General theory
Chapter 5
J.M. Keynes’s General theory and Yamada Houkoku’s economic policy
Supplements
Financial crisis, Great Depression and New economics for global prosperity
Part II
Yamada Houkoku’s solution for global economic prosperity “The transformation from a competitive global capitalism to a complementary economic system”
1 A monetary economy and Yamada Houkoku’s solution
2 Complex cognitive theory and Yamada Houkoku’s policy
3 Yamada Houkoku’s solution and Generative Economics “Cognition and Universal macroeconomics based upon modern linguistics” 
4 Yamada Houkoku’s dynamic economic system
5 Yamada Houkoku’s solution and a self-adjusting mechanism
6 Yamada Houkoku’s solution for global economic prosperity
著者略歴
三宅 康久(ミヤケ ヤスヒサ miyake yasuhisa)
関西高校、関西学院大学経済学部卒業後、英国へ留学。 ロンドン大学より経済学修士号取得(国際マクロ経済学、国際金融論専攻) ロンドン大学大学院博士課程 京都大学大学院経済学研究科にて、金融市場の研究に従事する。 帰国後、山陽学園大学にて山田方谷論について教授する。 山田方谷研究会事務局長
タイトルヨミ
カナ:アンエバーノーマルグラナリィアンドザソリューションフォグローバルプロソペリティ
ローマ字:anebaanoomaruguranariィandozasoryuushonfoguroobarupurosoperiti

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

大学教育出版の既刊から
晏生莉衣/著
野嶋納美/編集 森脇恵美/編集 岸本敦/著 塚口伍喜夫/著
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉林堅次 正木仁 市橋正光 
東洋館出版社:鈴木ヒデトシ ノグチノブコ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。