近刊検索 デルタ

2020年12月10日発売

大学教育出版

ほんとうの暦

旧暦と新暦の長所を取り入れた暦とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
旧暦(太陰太陽暦)は過去の遺物ではなく、古代からの知恵であり文化とも言える。花鳥風月をこよなく愛す日本人の感性に響き、各地域の時候や季節感を伝える、新たなスタイルのカレンダー(ほんとうの暦)制作を目指している。
目次
目 次
1.はじめに
2.旧暦の遺産(分析と整理)
3.ほんとうの暦をめざして
4.二十四節気・七十二候と暦
4.1 一年の始まりとしての立春
4.2 二十四節気の由来
4.3 七十二候の由来
5.新しい暦・カレンダーの試作
6.太陽光発電の記録と暦
6.1 10 年間の太陽光発電の記録から判ること
6.2 地域の気候と太陽暦(新暦)・太陰太陽暦(旧暦)
7.おわりに
参考文献
著者略歴
三池秀敏(ミイケ ヒデトシ miike hidetoshi)
山口学芸大学、山口芸術短期大学 学長 デザインスタジオみらい 所長 日本時間学会、日本物理学会、情報処理学会会員
タイトルヨミ
カナ:ホントウノコヨミ
ローマ字:hontounokoyomi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

大学教育出版の既刊から
三池秀敏/著
増子佳世/著 水上由紀/著 坂手誠治/著
高橋昌由/著 藤原和美/著 溝畑保之/著 森田琢也/著 米田謙三/著
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:堂場瞬一 
学研プラス:G・MASUKAWA なんばきび 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。