近刊検索 デルタ

2022年12月10日発売

集広舎

出版社名ヨミ:シュウコウシャ

煙草ゲリラの反撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「万国の煙草族、愛煙家は団結せよ!」
20XX年、「煙草を吸う者は死刑」とする法案が可決される。7月7日,禁煙ファシズムに抗して男女14人の多国籍抵抗グループが東京に集結,非暴力煙草ゲリラの決行日を8月15日とした─。
■表題作に「地球煙草紀行」を併録,
歴史学者による“煙草小説”刊行!
目次
1 煙の社会/2 上京/3 就職/4 大阪出張/5 禁煙趨勢/6 禁煙・禁煙・禁煙、ああ禁煙/7 理論武装/8 煙草値段の暴騰/9
悲鳴/10 煙草族の抵抗開始/11 武闘/12 弾圧/13 禁煙団と禁煙踊り/14 禁煙超党派内閣の成立/15 第一回抵抗会議1/16
第二回抵抗会議/17 煙草ゲリラ/18 死刑

地球煙草紀行
1 アジア煙草事情/2 オセアニア煙草事情/3 マダガスカル・南アフリカ煙草事情/4 ヨーロッパ煙草事情/5 ロシア煙草事情/6
アメリカ・カナダ煙草事情/7 中米煙草事情/8 日本帰国
著者略歴
菊池一隆(キクチカズタカ kikuchikazutaka)
【著者略歴】 菊池一隆(きくち・かずたか) 1949年,宮城県に生まれる 筑波大学大学院博士課程単位取得満期退学 愛知学院大学名誉教授,博士(文学),博士(経済学) 専門:中国近現代政治経済史(戦争史,台湾史など) ■主要著書 『日本人反戦兵士と日中戦争―重慶国民政府地域の捕虜収容所と関連させて―』御茶の水書房,2003年 『中国抗日軍事史1937─1945』有志舎,2009年 『台湾北部タイヤル族から見た近現代史―日本植民地時代から国民党政権時代の「白色テロ」へ―』集広舎,2017年 『台湾原住民オーラルヒストリー―北部タイヤル族和夫さんと日本人妻緑さん―』集広舎,2017年 『日本軍ゲリラ 台湾高砂義勇隊―台湾原住民の太平洋戦争―』平凡社新書,2018年 『中国国民党特務と抗日戦争』汲古書院,2022年 【詩集】 『雪中行』プランニングエイジ,1989年 『天涯回夢』河北印刷株式会社,2000年 『躯の中の環球』あるむ,2015年 他に『菊池一隆教授退職記念論集―東アジア近現代世界の諸相―』集広舎,2022年
タイトルヨミ
カナ:タバコゲリラノハンゲキ
ローマ字:tabakogeriranohangeki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

集広舎の既刊から
青木宣人/語り 宮原勝彦/著
船尾修/写真 船尾修/写真
もうすぐ発売(1週間以内)
Gakken:宮野公樹 
風媒社:溝口常俊 
ベースボール・マガジン社:佐藤和也 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。