近刊検索 デルタ

2020年8月5日発売

梓書院

漫画 西海一の水軍 松浦党

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
海底遺跡として日本で初めて国史跡に認定され、「神風」によって沈んだ元寇船が眠る松浦。文永・弘安と二度に渡る元軍の襲来を退けたのは、本当に神風の力“だけ”だったのだろうか? 
元軍の襲来を食い止め、撃退した背景には西海一の水軍と謳われた武士団・松浦党の姿があった――。

古来より外海とつながり、日本一グローバルな水軍として名を轟かせた松浦党。
その繁栄とは裏腹に、豪華な居城も強大な権力も求めなかった彼らの生き様とは。
目次
第Ⅰ部 松浦党のはじまり
松浦上陸
松浦見聞
弧角討伐へ

松浦武士の誇り
鬼子岳攻め
松浦氏のその後

第Ⅱ部 元寇と松浦党
埋蔵文化財センター
元軍の襲来
壱岐の陥落、松浦の蹂躙
日本軍の抗戦と元軍の撤退
元寇への備え
弘安の役
神風
元寇、その後
現代に受け継がれる松浦党の心
著者略歴
長崎県松浦市(ナガサキケンマツウラシ nagasakikenmatsuurashi)
向山廉平(ムコウヤマ レンペイ mukouyama renpei)
タイトルヨミ
カナ:マンガ サイカイイチノスイグン マツラトウ
ローマ字:manga saikaiichinosuigun matsuratou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

梓書院の既刊から
ミツイ水産/監修 松本康史/イラスト
長崎県松浦市/著・編集 向山廉平/イラスト
本日のピックアップ
シーエムシー出版:森川敏生 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。