近刊検索 デルタ

2019年4月23日発売

大阪大学出版会

「前段の司法」とその担い手をめぐる比較法史研究

大阪大学法史学研究叢書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
近代市民社会において、人々の法的サービスの需要はどのように充足されたのか、どのように紛争の解決は行われたのか。本書では、紛争解決のための法的サービスの多様性、その担い手としての法専門家と非法専門家のあり方について、比較法史的検討を行ったものである。近代日本を基軸として、共和政期ローマ、近世イタリア、近代フランス、近代ドイツ、近代オーストリア=ハンガリー、現代中国での事例をもとに考察した。
目次
序章 明治期日本の地域社会における「前段の司法」とその担い手の多様性―本書の視点(三阪佳弘)

第一章 近代日本における無資格者による法廷代理とその終焉(林真貴子)

第二章 明治期における刑事弁護―治罪法導入前後の状況(田中亜紀子)

第三章 共和政末期・元首政初期ローマにおける法的サービスの周辺―法学者・弁論家の活動と知的背景を中心に(林智良)

第四章 中世ボローニャと「公証人術の書」―ロランディーノ・パッサッジェーリ研究序論(阪上眞千子)

第五章 フランス革命前後の公証人制度(波多野敏)

第六章 ドイツ公証制度史にみる需要と法専門家性―ハンブルクにおける公証制度の近代化を中心に(的場かおり)

第七章 在野法曹と非弁護士の間―オーストリア司法省文書にみる公的代理業(上田理恵子)

第八章 中国の法的サービス供給における基層法的サービス従事者の機能とその需要の背景―弁護士との比較から(一九八〇〜二〇一七年)(坂口一成)
著者略歴
三阪 佳弘(ミサカ ヨシヒロ)
大阪大学大学院高等司法研究科教授。専門は、日本近代法史。 主な著作は、 『近代日本の司法省と裁判官─19世紀日仏比較の視点から』(大阪大学出版会、2014年)、『近代日本における社会変動と法』(共著、晃洋書房、2006年)。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

大阪大学出版会の既刊から
池田淑子/編 グレゴリー・M・フルーグフェルダー(GregoryM.Pflugfelder)/著 ほか
冨永悠介/著
入戸野宏/編 綿村英一郎/編
永田靖/編 佐伯康考/編
本日のピックアップ
誠文堂新光社:MJ無線と実験編集部 
コロナ社:川村貞夫 小澤隆太 塩澤成弘 吉岡伸輔 伊坂忠夫 平井宏明 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。