近刊検索 デルタ

2021年8月3日発売

郁朋社

利休ノート いしたたき

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
侘茶の象徴である「待庵」の発想の原点とは?
堺の街で交錯する二人の与四郎(利休)。
墳墓の石室内での胎内回帰にも似た原体験と求道の道を描き出す。
著者略歴
たぢから こん(タヂカラ コン tajikara kon)
1948年 北九州(八幡)に生まれる。 還暦の歳、棺桶に釘うたれる前にと一念発起して執筆活動に入る。 2020年 石油・化学プラント用機械装置メーカーの役員を退任。 以後、歴史時代小説に挑戦し今日に至る。
タイトルヨミ
カナ:リキュウノート イシタタキ
ローマ字:rikyuunooto ishitataki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

郁朋社の既刊から
木村正幹/著
たぢからこん/著
口中治久/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。