近刊検索 デルタ

2022年1月11日発売

郁朋社

長吏頭 弾左衛門の親-西陣大火の秘密-

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幕藩体制維持のため最下層に置かれた賤民たちの漆黒の裏社会を炙り出す。

数奇な運命に翻弄される男と女。
飢饉、丹後縮緬誕生、盗賊集団、穢多村、「西陣焼け」に絡む重層的人間模様を解き明かす。
著者略歴
宮田 隆(ミヤタ タカシ miyata takashi)
医科系大学教授、病院長を経て、国際医療協力NPO理事長に就任。独立直後の東ティモール、内戦中のカンボジアなどの多くの医療現場で活躍した。現在はラオスを中心に活動をしている。北区内田康夫ミステリー文学賞、ヘルシー・ソサエティー賞などを受賞。主な作品には、誰も触れることのなかった凄惨なカンボジアの内戦を描いた「ポル・ポトのいる森」やベトナム戦争のさなか、同じ民族同士が二つに割れて戦ったラオスの壮絶な内戦を描いた「モン族たちの葬列」など、大国のエゴに翻弄させられたアジアの人々を描いた歴史小説を得意とする。また、月刊「アッレ」では明治初期という時代の矛盾を鋭くえぐった「邏卒刑事工藤一輔の事件簿」の連載がある。近著に「時衆の誉 小石川養生所 立雪龍庵 診療譚」がある。
タイトルヨミ
カナ:チョウリガシラ ダンザエモンノオヤ ニシジンタイカノヒミツ
ローマ字:chourigashira danzaemonnooya nishijintaikanohimitsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。