近刊検索 デルタ

2020年9月19日発売

オライリー・ジャパン

バイオインフォマティクスデータスキル

オープンソースツールを使ったロバストで再現性のある研究
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ニーズの高まるバイオ分野に不可欠なデータ処理技術のすべて!
本書は、基本的なプログラミングに関する知識を持ったバイオ研究者を対象に、Python、R、Gitなどのツールを使ってバイオ系のデータを処理する方法について解説する書籍です。バイオインフォマティクス(生命情報科学)とは、コンピュータによる情報解析の手法を生物学の問題に応用する学問のことを指します。本書では、Python、R、Gitなどのオープンソースのツールを利用して、複雑で大規模な配列データから、意味を抽出し、探索するための技術を解説しています。
著者略歴
Vince Buffalo(ヴィンス バッファロー vinsu baffaroo)
片山 俊明(カタヤマ トシアキ katayama toshiaki)
鈴木 治夫(スズキ ハルオ suzuki haruo)
川島 秀一(カワシマ シュウイチ kawashima shuuichi)
山本 泰智(ヤマモト ヤスノリ yamamoto yasunori)
酒匂 寛(サコウ ヒロシ sakou hiroshi)
山村 吉信(ヤマムラ ヨシノブ yamamura yoshinobu)
タイトルヨミ
カナ:バイオインフォマティクスデータスキル
ローマ字:baioinfomatikusudeetasukiru

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

オライリー・ジャパンの既刊から
DavidFoster/著 松田晃一/翻訳 小沼千絵/翻訳
MelissaPerri/著 吉羽龍太郎/翻訳
DK社/著 若林健一/翻訳
EricR.Johnston/著 NicHarrigan/著 MercedesGimeno-Segovia/著・監修 ほか
PeterYaworski/著 玉川竜司/翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:一般財団法人大蔵財務協会 
明日香出版社:時吉秀弥 
技術評論社:MagnusLieHetland(著) 辻真吾(監訳) 塩井宏亮(訳) 
明日香出版社:山口拓朗 
コロナ社:日本生体医工学会 平田雅之 齋藤充弘 紀ノ岡正博 和田成生 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。