近刊検索 デルタ

2019年11月26日発売

海鳴社

「倭国」の誕生 崇神王朝論

崇神王朝論
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
○3世紀朝鮮半島南端にあった「倭」(『魏志』)はいかに任那、そして倭国へと変容していったのか?
○卑弥呼と並ぶ古代史のスター「辰王」から導く、東アジアと半島の戦乱と収束の「形」
○邪馬台国ともからむ「狗邪韓国」の真実と「倭」が浮き上がる「歴史地図」上のミステリー
○DNA解析などの科学的成果で、弥生・古墳期の渡来状況がここまでわかってきた。人口問題からも驚くべき結果が!
○『日本書紀』による「冴えた」方法がもたらした、崇神王朝から応神天皇(河内王朝)への最大トリック! 第一降臨者・ニギハヤヒを鍵に「皇統譜の秘密」を探る
目次
はじめに ――「古代天皇家」が朝鮮半島由来の渡来勢力であること
 プロローグ―― 古代史版〝パラダイムシフト 〟のために
第1章 ヤポネシアは渡来者の幸う国 ――海から来た「倭人」(日本人)
第2章 3世紀の三韓と「辰王伝説」―― 辰王問題の謎を解く
第3章 半島南部にて ――「倭韓」国家成立までの「動乱の3世紀後半」
第4章 邪馬台国の終焉と「日神」の渡来勢力 ――海から来たヤマト王権=「倭国」
終 章 これが天皇家の「秘密」だ!――皇統譜「たったひとつの冴えたやりかた」
エピローグ ―― 崇神王朝の大阪平野開拓と「昆支」の登場
 あとがき
著者略歴
仲島 岳(ナカジマ ガク nakajima gaku)
1968年長野市生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。歴史作家&編集者。出版社時代は、百五十冊余の単行本を担当。  著作に『古代天皇家と『日本書紀』1300年の秘密――応神天皇と「日十大王」の隠された正体』(WAVE出版)がある。他の論文に「三島由紀夫のトピカ」(講談社「群像」新人賞最終候補)、「吉本隆明のいない『共同幻想論』」など。  共著は『アジア映画小事典』佐藤忠男編著(三一書房)に参加など、多数。石渡信一郎史学の関係では『日本人の正体』林順治著(三五館)の編集協力がある。
タイトルヨミ
カナ:ワコクノタンジョウ
ローマ字:wakokunotanjou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。