近刊検索 デルタ

2020年7月1日発売

海鳴社

特許を巡る企業戦争最前線 弁理士物語

弁理士物語
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
一弁理士の半生の物語。
 大学を出て会社に就職するも、いまひとつなじめず退社。 バイトしながら難関の弁理士試験に挑み、苦労の末、合格する。しかし、弁理士の資格をとっても、どうやって仕事をとったらいいのか、だれも教えてくれない。どうするか……。
 人付き合いの大切さ、理系の知識獲得の方法、仕事ができることを顧客に認めてもらうためのきめ細かな仕事、など一人前の弁理士になるためのノウハウを、惜しみなく披露する。
 一方、特許を巡って企業間で熾烈な戦いが繰り広げられている。争うときは争う。しかし、 相手企業と話し合って円満にかつ利益の上がるようにする方法も、無きにしも非ずである。虚々実々の抗争の現場体験など、読み物としても興味深い。
目次
まえがき
1 会 社
2 会社に入る前
3 就 職
4 退 職
5 事務所 ―― 資格試験
6 クライアント
7 独 立
8 富士見町
9 東京大神宮前
10 東栄ビル
11 浅草橋
12 有楽町 
 あとがき
著者略歴
岡崎 信太郎(オカザキ シンタロウ okazaki shintarou)
早稲田大学卒 工業所有権審議会委員 中央知的財産研究所副所長 弁理士
タイトルヨミ
カナ:トッキョヲメグルキギョウセンソウサイゼンセン
ローマ字:tokkyoomegurukigyousensousaizensen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。