近刊検索 デルタ

2019年11月16日発売

海風社

国境27度線

南島叢書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
戦後、奄美の日本復帰で生まれ、沖縄復帰で消えた「国境27度線」。
軋む一衣帯水の島々の対立、その背後のアメリカ軍の策動。語られなかった復帰運動史を再検証し、さらに経済学、民俗学からの視点も加えた野心作!
緻密な取材と丁寧な資料の読込から得られたエピソードの数々、復帰関連を含む貴重な写真81 点も掲載。奄美復帰から66年、沖縄復帰から47 年。その年月を経て、歴史の証言者たちがようやく重い口を開いた、まさに奄美・沖縄の復帰運動の真実をさらけ出した1冊といえる。
2018 年南海日日新聞長期連載(44 回) 一挙掲載!
目次
まえがき 

◉国境27度線【原井一郎】
第一章 白地に赤く
 手作りの「日本国旗」/ 切れ目ない統合装置に /軍国と平和世との峡間/脱皮と再生のリトマス紙/軍国批判なく米軍政下へ/沖縄のこころと日の丸/本土同化への怒りと反発 
第二章 赤と白のオセロ
 二つの冷戦と沖縄基地/北緯30度への線引き/「奄美返還」立役者の怯え/カメジローと奄美共産党/実質か完全復帰か/世論調査と台湾の反対/CICとはいったい誰か /米人類学者の置き土産 
第三章 青空と教室 
 教科書を消したのは誰か/ガリ刷り教科書の誕生/6・3制と教科書密輸/聖職者たちの嘆き節/「奄美大島復帰議会」分裂と教科書の行方/焼け跡と栄養失調 /暴力先生と/「日教組」/方言札とシマ・クゥトゥバ/教育者たちの戦争責任 
第四章 糾える禍福 
 苦界に沈む島娘/人身売買と主婦バイト/憎悪と敵対の渦/奄美人追放の石つぶて/ユースカー、怒りの報復/金門クラブと高等弁務官/「宝村天皇」の排斥/鹿児島側の復帰反応/「イモとハダシ」論/復帰闘争と社会運動 
第五章 政治の季節 
 英雄・泉芳朗の急逝/5億B円奪った米軍/「早すぎた復帰」論も/大島紬か公共土木か /生きない2兆4千億円/土建政治がもたらしたもの/消された加計呂麻架橋/アジアを視野に入れた沖縄/自立振興と自衛隊誘致/度線を平和のシンボルに 

◉〈国境線の政治〉をこえて– 琉球弧民衆の闘い【斉藤日出治】
帝国日本によるアジアの「潜入盗測」/「大東亜戦争」と海南島の住民虐殺/沖縄の住民虐殺 /<国境線の政治>を継承する戦後体制-奄美・沖縄民衆の苦悩/<国境線の政治>に抗する琉球弧民衆の自決権の闘い/<国境線の政治> を超える琉球弧民衆の胎動 

◉ 奄美をめぐって、大和人の不作法【酒井卯作】
はじめに/密航/憂鬱の奄美史/抵抗の輪/夜明けの奄美

あとがき/<国境線の政治>
とは?
著者略歴
原井 一郎(ハライ イチロウ harai ichirou)
1949 年、徳島県生まれ。奄美の日本復帰後、奄美大島・名瀬へ。地元日刊紙の南海日日、大島新聞記者・編集長。雑誌Lapiz ライター。ジャーナリスト。奄美市名瀬在住。 主な著書『奄美の四季』( 農文協 1988 年)、『苦い砂糖』( 高城書房 2005 年)、『欲望の砂糖史』( 森話社 2014 年) 他。
斉藤 日出治(サイトウ ヒデハル saitou hideharu)
1945 年生まれ。社会経済学・現代資本主義論専攻。名古屋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。元・大阪産業大学経済学部教授、大阪労働学校・アソシエ学長。 主な著書『グローバル化を超える市民社会』(新泉社 2010 年)、『帝国を超えて−グローバル市民社会論序説』(大村書店 2005 年)、『空間批判と対抗社会』(現代企画室 2003 年)、『国家を越える市民社会』(現代企画室 1998 年)他。
酒井 卯作(サカイ ウサク sakai usaku)
1925 年、長崎県西彼杵郡西海町(現・西海市)生まれ。民俗学者。1950 年坪井洋文とともに民俗学研究所の研究員となり、柳田国男と出会う。南島研究会や稲作史研究会などの旅で、柳田のカバン持ちとして同行、薫陶を受ける。南島研究会主宰。 主な著書『稲の祭』( 岩崎書店 1958 年)、『琉球列島における死霊祭祀の構造』(第一書房1987 年 第28 回柳田賞受賞)、『琉球列島民俗語彙』編著(第一書房 2002 年)、『柳 田国男と琉球「海南小記」をよむ』(森話社 2010 年)他。
タイトルヨミ
カナ:コッキョウニジュウナナドセン
ローマ字:kokkyounijuunanadosen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

海風社の既刊から
山折哲雄/著
原井一郎/著 斉藤日出治/著 酒井卯作/著
山折哲雄/著 綱澤満昭/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。