近刊検索 デルタ

2018年9月12日発売

興陽館

50歳からの時間の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
死ねまで30年
健康寿命まで22年

あなたは50歳からの人生をどう生きるか。
弘兼憲史、70歳になったいま、20年前を振り返りこれだけは言っておきたい!

50歳では、まだ自分に残された時間、要するに「寿命」を意識したことはないという人も多いでしょう。
でも、考えてみれば、男性だったら平均寿命の80歳まで生きたとして、あと30年、健康寿命とされる72歳までだったら、あと22年くらいだということがわかるはずです。(中略)

50歳から後半人生の生き方を考えようということは、残された時間を意識しましょうよ、ということでもあります。

ただし、それが「あと22年しかない」と意識するのか、「さて、22年をどう楽しんでやるか」と意識するのかでは、その22年間に与える影響がまったく変わってきます。
さて、後半人生をどう楽しみながら生きるか。

65歳からは新たな仕事をしながら、新しい環境に身を置いて生きていくことになるとして、50歳で描くビジョンは、いろいろな流れが考えられるでしょう。
(本文より)

(本書の内容の一部)
●定年から人生を楽しめる人、楽しめない人の差は?
●孤独な時間、どうすればいい?
●体も心も疲れない健康に過ごす習慣とは?
●お金とはどう付き合えばいい?
●心の不安やストレスとの上手なつきあいかたとは?
●妻、子ども、親、家族とのつきあい方とは?
●いつまで仕事は続けられるの?
●家族の介護に直面したらどうする?
●病気や死とどうむきあえばいい?

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。