近刊検索 デルタ

2018年11月12日発売

興陽館

生きる意味

人生にとっていちばん大切なこと
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アドラー本人の原著!
名著『『Der Sinn des Lebens』翻訳。
本書にアドラー心理学のすべてが書かれてある。

生きることの意味とは何か?
子どもの心が正しく成長するために大事なことは何か?
精神と肉体の健全な成長に必要なこととは?

医師であり心理学者であるアルフレッド・アドラー(1870~1937年)によって1933年に発表された円熟の名著『生きる意味』。
2つの意味があるこの言葉を使って、アドラーはその主観的な面と客観的な面を描き出した。

・甘やかされた子どもたちはどう成長するのか。
・二つのコンプレックスとはなにか。
・母親と父親が子どもの成長に影響を与えることとは。
・なにが精神疾患を引き起こすのか。
・『人生の意味』とはなにか。
著者略歴
アルフレッド・アドラー(アルフレッド・アドラー)
1870年‐1937年。オーストラリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる。
長谷川 早苗(ハセガワ サナエ)
独日翻訳者。訳書に、アドラー『生きる意味』(興陽館)、セドラチェク&タンツァー『資本主義の精神分析』(共訳、東洋経済新報社)、ラルセン他『メディカルヨーガ』(ガイアブックス)、ビットリッヒ『HARIBO占い』(阪急コミュニケ―ション)他。本書は英語原書からの翻訳となる。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

興陽館の既刊から
アルフレッド・アドラー/著 長谷川早苗/訳
中原淳一/著 株式会社ひまわりや/監修
曽野綾子/著
本日のピックアップ
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 
秀和システム:羽石相 
日本法令:税理士法人タクトコンサルティング 
経済産業調査会:河野英仁 
北樹出版:原信夫 井上美鈴 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。