近刊検索 デルタ

2019年6月5日発売

コスモ21

今、世界が注目する「日本の霊性」の真価

令和時代をどう生きるか
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アインシュタインはこう言った。
「我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくっておいてくれたことを」

日本は二千年という長い年月を、万世一系の天皇家の権威と加護のもとで平和に歩んできた。
この歴史的事実は、日本国と日本人の霊性の高さを証明している。
歴代天皇の清浄な祈りのもとに、高い知性の民たちが寄り添い、多くの目に見えない高次の存在に守られながら、今の日本が創りあげられてきた。
このような民族、国家は他には存在しない。

本書は空海をはじめ、神仏、龍神、宇宙人、そして著者の先祖である紀夏井などが、ある女性スピリチュアリストを通して降ろしてくるメッセージを著者らが実行していく物語である。
国際派のビジネスマンであった著者が、中年期を過ぎて突然白羽の矢が立てられ、目に見えない力にいざなわれながら祈りの旅を続け、さまざまな瑞祥を目の当たりにする。
そのなかで日本人の霊性、日本国の霊性に目覚め、皇室の安泰、日本国の安寧、人類の平和、地球の浄化への祈りを深める。
現状の日本は、古来より受け継がれてきた霊性、精神性が失われつつある。
日本はどうあるべきか。日本人としてどうすればいいのか。
新しい令和の時代を迎えた日本の進むべき道を示唆する奇跡の書!
目次
第一章 新たなる人生のステージへ
第二章 日本再興の道を開いたスリランカ大統領の演説
第三章 空海からの霊告
第四章 釈迦像入魂式と瑞祥
第五章 バンコクのプラプロム神詣で
第六章 富士山での祈り
第七章 新しい次元に向かって

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
コロナ社:志堂寺和則 
現代人文社:山本晴太 川上詩朗 殷勇基 張界満 金昌浩 青木有加 
マイナビ出版:ポケットマニュアル編集部 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。