近刊検索 デルタ

2020年6月25日発売

現代人文社

少年事件加害者家族支援の理論と実践

家族の回復と少年の更生に向けて
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
少年事件の「加害者」家族は、インターネットでの誹謗中傷、個人情報の暴露による失職や転居、少年の更生に悩み被害者への対応に苦しむ。刑事法学者、弁護士、臨床心理士、加害者家族支援の専門家が、実態調査と支援の実例から、効果的な支援のあり方を提案する。
***
 社会を震撼させる少年による重大事件が起こるたび、インターネット上では必ずと言っていいほど保護者の個人情報が暴かれ、モンスターを生み出したモンスターとして非難と憎悪の対象となる。他方で、保護者には罪を犯した少年の更生の担い手としての立場も期待されている。加害者家族の中でとりわけ過酷な状況に置かれている少年事件の保護者を支えることは、少年が更生しやすい家庭環境を作ることに繋がり、期待される再犯防止効果も高い。
 本書は、その実像についてはほとんど伝えられてこなかった「少年事件の加害者家族」に焦点を当て、少年事件の保護者への支援の意義について、刑事法学者および少年事件に携わる実務家によって理論を構築し、そして、具体的な支援について、多数の事例をもとに法的支援、社会的支援、心理的支援のあり方を考える。
***
執筆者:
阿部恭子(NPO法人World Open Heart 理事長)
岡田行雄(熊本大学人文社会科学研究部教授)
宿谷晃弘(東京学芸大学人文社会科学系法学政治学分野准教授)
坂野剛崇(大阪経済大学人間科学部教授)
鴨志田祐美(弁護士、鹿児島県弁護士会)
佐藤仁孝(NPO法人スキマサポートセンター理事長)
遠藤真之介(NPO法人World Open Heart 副代表)
相澤雅彦(臨床心理士、公認心理師)
駒場優子(臨床心理士、公認心理師)
北島忠輔(中日新聞記者)
目次
第1部 少年法の理念と加害者家族支援

 第1章 少年事件加害者家族の現状と支援に向けて(阿部恭子)
 第2章 少年事件から考える加害者家族支援(岡田行雄)
 第3章 少年非行に関する親の責任についての覚書――人間の弱さの観点から(宿谷晃弘)
 第4章 非行臨床における加害者家族――非行のあった子の親にどのような支援が望まれるか(坂野剛崇)
 第5章 少年事件における多職種連携の意義(鴨志田祐美)

第2部 少年事件と加害者家族支援

 第1章 捜査段階における保護者への支援(阿部恭子、草場裕之〔監修〕)
 第2章 少年審判と保護者への支援(阿部恭子、草場裕之〔監修〕)
 第3章 裁判員裁判と保護者への支援(阿部恭子、草場裕之〔監修〕)

第3部 少年の更生と加害者家族支援

 第1章 非行少年と保護者の支援――本人の就労支援を中心に(佐藤仁孝)
 第2章 少年院における保護者支援――東北少年院の取組みから考える(阿部恭子)
 第3章 地域で保護者をどう支えていくか(阿部恭子)

第4部 少年事件加害者家族の心理的支援
 第1章 保護者と少年それぞれの面接事例からみる心理的支援(相澤雅彦)
 第2章 未成年加害者理解と、家族への心理的支援(駒場優子)
 第3章 ピア・カウンセリングの実践――親としての罪責感に寄り添う(阿部恭子、遠藤真之介)


 コラム1 映画紹介――リアルに描かれる現代の加害者家族 *「許された子どもたち」(2020年) (阿部恭子)
 コラム2 加害者家族を取材する意義(北島忠輔)
 コラム3 西鉄バスジャック事件から考える修復的司法の実践(阿部恭子)
 コラム4 書籍紹介――呪いが解けるとき *阿部恭子著『家族という呪い』(幻冬舎、2018年) (遠藤真之介)
 コラム5 書籍紹介――メディアの役割と限界 *中日新聞社会部編『少年と罪――事件は何を問いかけるのか』(図書出版へウレーカ、2017年) (阿部恭子)
 コラム6 書籍紹介――親としての贖罪 *スー・クレボルト著(仁木めぐみ訳)『息子が殺人犯になった――コロンバイン高校銃乱射事件・加害生徒の母の告白』(亜紀書房、2017年) (阿部恭子)
著者略歴
阿部恭子(アベキョウコ abekyouko)
阿部恭子(あべ・きょうこ) NPO法人World Open Heart理事長。東北大学大学院法学研究科博士課程前期修了(法学修士)。2008年大学院在籍中に、社会的差別と自殺の調査・研究を目的としたWorld Open Heartを設立(2011年にNPO法人格取得)。全国で初めて犯罪加害者家族を対象とした各種相談業務や同行支援等の直接的支援と啓蒙活動を開始、全国の加害者家族からの相談に対応している。著書『加害者家族支援の理論と実践――家族の回復と加害者の更生に向けて』(編著、現代人文社、2015年)、『交通事故加害者家族の現状と支援――過失犯の家族へのアプローチ』(現代人文社、2016年)、『性犯罪加害者家族のケアと人権――尊厳の回復と個人の幸福を目指して』(現代人文社、2017年)、『加害者家族の子どもたちの現状と支援』(現代人文社、2019年)、『息子が人を殺しました――加害者家族の真実』(幻冬舎新書、2017年)、『家族という呪い――加害者と暮らし続けるということ』(幻冬舎新書、2019年)ほか。
タイトルヨミ
カナ:ショウネンジケンカガイシャカゾクシエンノリロントジッセン
ローマ字:shounenjikenkagaishakazokushiennorirontojissen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

現代人文社の既刊から
松原幸恵/著・編集 飯島滋明/著・編集 榎澤幸広/著・編集
本日のピックアップ
青弓社:吉井潤 柏原寛一 
大蔵財務協会:椎谷晃 
大蔵財務協会:小原清志 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。