近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
失語症や認知症の研究において、いま最も注目されているテーマ「進行性失語」を取り上げ、各症候についてさまざまな視点から解説した!
本書は、2018年12月に神戸で開催された日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナーでの講演に、いくつかの項目を新たに追加しまとめられた。
進行性失語の詳細な障害メカニズム、臨床診断や病理診断への鍵を担う下位分類の診断、介入方法などについて、本領域について精通した著者が詳しく解説している。
介入法までを含めた進行性失語の全体像を把握できる、これまでにない一冊である。「進行性失語」に対する理解が深まる必携書。
目次
第Ⅰ章 進行性失語の概念と認知症の言語症状
1. 進行性失語の概念と歴史  大槻美佳
2. アルツハイマー病と前頭側頭型認知症の言語症状  繁信和恵
3. 変性疾患診療における言語評価の意義  松田 実
第Ⅱ章 進行性失語の臨床型
1. 進行性非流暢性失語(PNFA)  小森憲治郎
2. 意味性認知症(SD)  川勝 忍,小林良太
3. Logopenic型進行性失語  船山道隆
4. 3類型以外の進行性失語  松田 実
第Ⅲ章 評価とリハビリテーション(言語聴覚士の立場から)
1. 評価とリハビリテーション  中川良尚
2. 心理的支援と社会的支援  中島明日佳
著者略歴
一般社団法人日本高次脳機能障害学会 教育・研修委員会(イッパンシャダンホウジンニホンコウジノウキノウショウガイキョウイクケンシュウイイインカイ ippanshadanhoujinnihonkoujinoukinoushougaikyouikukenshuuiiinkai)
タイトルヨミ
カナ:シンコウセイシツゴ
ローマ字:shinkouseishitsugo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

新興医学出版社の既刊から
日本精神神経学会多職種協働委員会/著
日本精神神経学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会/監修 「統合失調症に合併する肥満・糖尿病の予防ガイド」作成委員会/編集
日本精神神経学会ECT・rTMS等検討委員会/編集
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大坪和敏 
マガジンハウス:あきこ 
コロナ社:野波健蔵 
ライフサイエンス出版:日本腎臓学会 日本透析医学会 日本腹膜透析医学会 日本臨床腎移植学会 ほか
共立出版:MariaSchuld FrancescoPetruccione 大関真之 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。