近刊検索 デルタ

2022年11月24日発売

水曜社

出版社名ヨミ:スイヨウシャ

パールハーバーの目撃者

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
3歳、6歳、12歳——彼らはそれを見た!
奇襲された米軍家族の眼がとらえた真珠湾攻撃!!
日本時間昭和16年12月8日未明、
米国ハワイ時間1941年12月7日8時直前、それは襲ってきた!

日本軍の真珠湾奇襲により米海軍太平洋艦隊は戦闘能力を一時的に完全に喪失した。フォード島基地に停泊していた戦艦アリゾナは沈没したまま、現在も海底に保存されている……
いつもの日曜日になるはずだった朝、雲は多かったが晴れていた。その体験は一瞬にして、世界が変わるという衝撃だった。予期しなかった日本軍の奇襲! 彼らにはどんな思い出が残されたのだろうか。
太平洋上の島、歴史上の特別な1日。この物語は「戦艦列」と呼ばれるアリゾナはじめ7隻の艦船が停泊していた場所から数百メートルの海軍宿舎に住んでいた子どもたちの体験をまざまざと伝えるノンフィクション。

毎年12月8日になると「真珠湾攻撃」「太平洋戦争に突入」という新聞記事、テレビ報道に接する。
アメリカハワイ時間では12月7日、早朝の日本軍による奇襲。米海軍太平洋艦隊の主力戦艦アリゾナなどの停泊地から数百メートル。海軍宿舎に住んでいた子どもたちは、あの日のことをどう記憶し、語るのだろうか? 日本人にはいまひとつ理解しがたいところもある「リメンバー・パールハーバー」の“汚名の日” 。この日がアメリカ国民の胸にどう刻み込まれたのか。
彼我の立場を変えて真珠湾攻撃をみる……その視点からは、日本ではこれまで触れられてこなかった体験者ならではの、数々の物語が生み出されていた。

*当時のプライベート写真約80点を収載
目次
1 翼に赤い丸が描かれた飛行機が、頭上に
2 その時、戦艦アリゾナが爆発した
3 家族への手紙
4 バンカーに隠れて
5 多くの若者が人生の終わりを感じた
6 その時、どこにいたか覚えている?
7 40年後のパールハーバー
8 フォード島の医師夫妻
9 愛犬は元に戻らなかった
10 いつまでも過去にならずに
11 パールハーバーを忘れない
12 海兵隊の子どもは、戦争に勝つと知っていた
13 砲台に弾薬を運ぶ
14 戦艦列の芸術家
15 焼き上がっていた母のワッフル
16 パジャマのままの出撃
17 日付のない友人への手紙
18 報告と提案
19 12機中8機を失う
20 泣くな海兵隊員
著者略歴
カトリーナ ルクシャフスキー(カトリーナ ルクシャフスキー katoriina rukushafusukii)
Katrina Luksovsky サウスカロライナ州サムター出身。サウスカロライナ大学ホテル・レストラン・観光管理学科卒。米海軍職員として施設の食品、飲料部門に15年間従事。東京の米軍施設・ニュー山王ホテルでも勤務した。海軍補給将校のカイルと結婚後ハワイ、イタリア、オランダ、サウジアラビア、日本(佐世保)など16回にわたり世界中を転勤。フロリダ州、ハワイ州ではアメリカ聖公会で主教秘書も務めた。
山本 みづほ(ヤマモト ミヅホ yamamoto mizuho)
12月7日パールハーバーの日生まれ。京都女子大学短期大学部文科国語専攻卒。法政大学文学部日本文学科卒。長崎県公立学校教員を経て現在長崎純心大学非常勤講師、長崎短期大学非常勤講師、久田学園佐世保女子高校非常勤講師を兼任。県立長崎図書館、佐世保市立図書館協議会委員を歴任。日本図書館協会代議員定数等検討委員。著書に『蛾のおっさんと知る衝撃の学校図書館格差』(郵研社)
タイトルヨミ
カナ:
ローマ字:

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 
書肆侃侃房:目代雄一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。