近刊検索 デルタ

2021年4月8日発売

出版芸術社

江戸の暮らしと二十四節気

出版芸術ライブラリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
二十四節気とは、一太陽年を24等分したものです。江戸時代には、旧暦とともに、暮らしのなかで用いられていました。その分点にあたる「立春」「夏至」「秋分」「冬至」などの言葉は、現在も使われています。江戸時代の人たちは、この二十四節気の、季節の移り変わりとともに、どんな暮し方をしていたのでしょうか。ブランド野菜を珍重、初鰹に30万円! 宝くじで一攫千金の夢、徹夜も厭わず芝居見物……。本書では、そんな江戸人の一年を通してのリアルな生活ぶりを、たくさんの絵図とわかりやすい解説で、再現しています。さあ、大江戸、八百八町へ、タイムスリップ!
著者略歴
土屋 ゆふ(ツチヤ ユフ tsuchiya yufu)
江戸文化研究家・編集者。明治大学文学部卒。『江戸検クイズ百問答』(小学館刊)シリーズの執筆や時代小説の編集、電子アプリ『お江戸タイムトラベル』『直筆・坂本龍馬の手紙』のプロデュースなど、おもに江戸時代を中心とした歴史コンテンツの企画・制作で活動中。
タイトルヨミ
カナ:エドノクラシトニジュウシセッキ
ローマ字:edonokurashitonijuushisekki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

出版芸術社の既刊から
公益財団法人合気会/著
海江田万里/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 
角川春樹事務所:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。