近刊検索 デルタ

2022年8月16日発売

三元社

出版社名ヨミ:サンゲンシャ

戦争と文化

第二次世界大戦期のフランスをめぐる芸術の位相
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
芸術・文化はつねに政治的側面を内包し、国家の存亡をかけた戦時下ではその相関関係はより緊密になる。
およそ20年の戦間期を経て再びの開戦、そして1940年には侵攻したナチス・ドイツにパリを占領されたフランス。だが戦時下においても、芸術家たちはそれぞれの方法・場所で活動を続けていた。錯綜する状況下、芸術家個人の思いや国の文化政策はいかなるものだったか。6人の美術史研究者が検証する。
目次
はじめに 7
大久保恭子

序章
一九三七年パリ国際博覧会をめぐるフランスの文化政策 13
大久保恭子

1章
無に相対して ――一九四〇年代フランスの美術 47
レミ・ラブリュス(礒谷有亮 訳)

2章
〈岐路〉に立つ仏独の芸術家 ――第二次世界大戦時のフランスにおけるコラボラシオンと収容 79
河本真理

3章
「公式の趣味」の変遷とヴィシー政権下における美術作品の国家購入 125
松井裕美

4章
モデルニテの遺産と第二次世界大戦期のフランス美術 163
山本友紀

5章
「フランス」をうつす写真集 ――レイモン・シャル出版の刊行物から見る戦時下のフランスの表象 185
礒谷有亮

6章
第二次世界大戦期の「フランス性」をめぐる芸術的「地政学」 223
大久保恭子

あとがき 263

欧文要旨 1
主要人名索引 15
著者略歴
大久保恭子(オオクボキョウコ ookubokyouko)
大久保恭子(おおくぼ・きょうこ) 京都橘大学教授。博士(文学・大阪大学) 『〈プリミティヴィスム〉と〈プリミティヴィズム〉──文化の境界をめぐるダイナミズム』三元社、2009年;『アンリ・マティス『ジャズ』再考──芸術的書物における切り紙絵と文字のインタラクション』三元社、2016年;『人文学宣言』(共著、山室信一編)ナカニシヤ出版、2019年;『ピカソと人類の美術』(共著、大髙保二郎、永井隆則編)三元社、2020年。
タイトルヨミ
カナ:センソウトブンカ
ローマ字:sensoutobunka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

三元社の既刊から
小山亘/著・編集 浅井優一/編集
もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。