近刊検索 デルタ

2021年3月12日発売

サンライズ出版

滋賀の地籍 土地家屋調査士の視点から

土地家屋調査士の視点から
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
不動産登記の専門家「土地家屋調査士」は法務局や自治体で保管されている公図や古地図を活用し、土地境界の調査を日々行っています。本書は実務家の視点を生かし、地図や境界、地域慣習の解説を行い、掲載資料もオールカラーで紹介。具体例を採り上げているため、滋賀県の豊かな風土や歴史の奥深さを実感でき、地図好き、歴史好きには最適の本。また昨今社会問題となっている所有者不明土地問題や空き家問題を考える上でも必須の書です。
目次
序 章 滋賀の地籍について
       滋賀県の歴史と風土/滋賀県と地図/滋賀県内における地図・文書等の保管先
第1章 法務局や地域にて保管されている様々な地図
     1 法務局備え付けの図面類について
       不動産登記法第14条第1項地図及び第4項地図(公図)について/不動産登記法第14条第1項地図の種類/再製公図について/戦後農地日本の改革における滋賀県下の開拓財産の図面について/地籍測量図について
     2 公図の源流をたどる
       ムラに残る地籍図類の紹介/滋賀に残る伊能忠敬の足跡/元禄八年作製の大津町絵図の検証/滋賀県内の自治体発行図録集の紹介
第2章 滋賀県内の地籍・土地境界に関する慣習および特徴
     1 市街地
        背割り排水と土地境界/大津百町の軒下地と土地利用・境界慣習/ノコギリ(イナヅマ)型道路について/京阪電鉄の軌道敷地と地籍
     2 農村地
        滋賀の条里制と地籍/公図に記載されている「井戸」/公図に見る安土の旧村境/滋賀の墓制の特徴と地籍/滋賀県の両墓制と「サンマイ」/滋賀県内の里道・水路とその官民境界確定について/道路幅員資料の紹介/地租改正と縄伸び/シシ垣と公図
     3 山間地と水辺
        野洲川菩提寺地区における霞堤について/天井川と地籍/内湖と地籍/比叡山、お山は一筆991万㎡/長浜市余呉地区における焼畑地と不動産登記/山間部の県境・地割と地籍
第3章 参考資料
著者略歴
滋賀県土地家屋調査士会(シガケントチカオクチョウサシカイ shigakentochikaokuchousashikai)
タイトルヨミ
カナ:シガノチセキ
ローマ字:shiganochiseki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

サンライズ出版の既刊から
用田政晴/著
滋賀県立公文書館/企画・編集
滋賀県立大学地域共生論運営委員会/編
滋賀県土地家屋調査士会/編
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。