近刊検索 デルタ

2021年11月12日発売

アトリエサード

出版社名ヨミ:アトリエサード

ディア・アンビバレンス

口髭と〈魔女〉と吊られた遺体
TH Literature Series
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
イングランドの田舎町で発見された、少女の陰惨な全裸死体。誰が何のために――?
魔女狩り。魔法の杖。牛乳配達車。ナッツとコーヒー。繰り返される噂。消えない罪。
美女刑事エミリーと、口髭紳士が犯人を追う。

「レッドシーズプロファイル」「D4」「The MISSING」「The Good Life」
「北米で最も影響力のある50人のクリエイター」に選ばれた、世界的ゲームディレクターSWERYによる、初の本格ミステリ!

〜〜〜〜〜
イングランドの片隅に佇む、静かで長閑な田舎町。
警察の仕事といえばもっぱら逃げた羊を探すこと。

だがそんな町で、事件は起こった。
被害者はエリザベス・コール、17歳、女性。

全身の毛が剃られ、内臓がすべて取り去られた彼女の死体は、
町のシンボルとも言える楡の木の下、朝露に濡れて逆さに吊られていた。

魔女狩り。魔法の杖。牛乳配達車。ナッツとコーヒー。
繰り返される噂。消えない罪。

ロンドンから左遷されてきた刑事エミリーと、
地元の小さな口髭の紳士ポコの、謎解きが始まる。
〜〜〜〜〜

細やかな描写で4K画像のように、鮮やかなイメージが湧き上がる。――浅尾典彦(作家・映画プロデューサー)
目次
 第一章 口髭と腹ペコ美人警察官
 第二章 口髭と森の〈魔女〉たち
 第三章 口髭と傷心の淑女
 第四章 口髭と大嘘つきと〈罪〉と〈罰〉
 エピローグ 楡の木は静かに佇む
 あとがき
著者略歴
SWERY(末弘秀孝)(スエリー スエヒロ ヒデタカ suerii suehiro hidetaka)
SWERY 末弘 秀孝(すえひろ ひでたか) 大阪出身。僧侶/ゲームクリエイター。1996年からゲーム業界に入り、2010年に『Deadly Premonition』を発表。最も評価の分かれるサバイバルホラーとしてギネスブックに掲載されたほか、2011年には「北米で最も影響力のある50人のクリエイター」に選出された。ゲーム制作以外にもバークリー音楽堂にてオーケストラとともにエアギターを演奏(世界初)するなど、多彩な活動を行う。現在は大阪を拠点とするゲーム開発スタジオWhite Owlsを経営。2021年11月現在における最新作となるゲーム『The Good Life』はイギリス湖水地方を舞台とした借金返済スローライフミステリーで、本作の姉妹編とも言える作品になっている。
タイトルヨミ
カナ:ディアアンビバレンス
ローマ字:diaanbibarensu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
パレード:福永英雄 
東京創元社:堂場瞬一 
フォト・パブリッシング:寺本光照 
三五館シンシャ:屋敷康蔵 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。