近刊検索 デルタ

2020年6月23日発売

総合医学社

急性血液浄化法 2020-'21

ガイドライン,スタンダード,論点そして私見
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
急性血液浄化療法のエキスパートが執筆した本書は、どの項目もエッセンスが簡潔かつ理解しやすく記述されており、急性血液浄化療法の基本から臨床における実用性の高い知識が得られる。
目次
I.急性血液浄化療法とは
・血液浄化療法の歴史
・用語と定義

II.急性血液浄化療法の原理と方法
・血液浄化療法の原理
・持続的血液浄化療法
・Sustained low-efficiency dialysis (SLED)
・血液浄化器の種類と特徴
・透析液と補充液(置換液)の組成
・血液浄化量の設定・膜の選択
・抗凝固療法
・バスキュラーアクセス
・エンドトキシン吸着
・血液吸着・血漿吸着
・血漿交換
・Plasma filtration with dialysis (PDF)の原理と方法

III.急性血液浄化療法の適応疾患・臨床場面
・急性腎障害
・敗血症・多臓器不全に合併した急性腎障害
・周術期における血液浄化療法
・慢性透析患者に合併した重症病態
・腎糸球体疾患
・急性肝不全
・急性膵炎
・急性薬物中毒
・神経疾患
・自己免疫疾患
・頭蓋内病変合併例に対する血液浄化療法
・小児に対する血液浄化療法

IV.急性血液浄化療法施行中の患者管理
・急性血液浄化療法中の呼吸循環管理
・栄養療法
・薬剤調節

V.合併症
・CRRTによる害
・感染・出血傾向・不均衡症候群

VI.最近の話題
・急性血液浄化療法の開始時期
・オンライン血液濾過透析
・新しい原理を用いた急性血液浄化療法
・災害時における急性血液浄化
・肝腎症候群の新たな診断基準
著者略歴
土井研人(ドイケント doikento)
タイトルヨミ
カナ:キュウセイケツエキジョウカホウニセンニジュウニジュウイチ
ローマ字:kyuuseiketsuekijoukahounisennijuunijuuichi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

総合医学社の既刊から
杉浦哲朗/監修
清水孝宏/編集
土井研人/編集
山蔭道明/監修 廣田和美/監修
本日のピックアップ
青弓社:吉井潤 柏原寛一 
大蔵財務協会:椎谷晃 
大蔵財務協会:小原清志 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。