近刊検索 デルタ

2018年8月27日発売

第一公報社

校長の力は『書く力』で決まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
校長職において「話す」と共に「書く」機会は非常に多いもの。「文は人なり」との人間力アップの意味からも、校長の「書く力」を究める一助にと、元校長の経験から生まれた実用書。
著者略歴
遠藤 真司(エンドウ シンジ)
遠藤/真司 早稲田大学教職大学院客員教授、開智国際大学教育学部准教授。早稲田大学法学部卒業。民間企業二社を勤務した後、東京都公立小学校の教諭となる。二校九年間にわたり、校長として学校経営に当たる。専門領域は国語教育、学級経営、教員養成学校経営。全国連合小学校長会機関誌『小学校時報』編集委員長、東京都小学校国語教育研究会会長、東京都研究開発委員会委員長、小学校国語教科書編集委員などを歴任。NHKのニュース番組等で教育問題のコメンテーターを務め、また多くの学校の研究会講師で指導に当たる

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。