近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
1万6千年前から1万年以上の長い時代にわたって続いた縄文時代。この時代に生きた縄文人の暮らしを伝える展覧会「縄文2021 -東京に生きた縄文人-」が、江戸東京博物館で開催される。東京の縄文時代を出土品や調査結果より考える展示は実に30年ぶりとなる。本書では、展覧会の内容に加え、東京都江戸東京博物館館長である藤森照信氏と考古学者の山田昌久氏の対談などが掲載され、考古学の新しい楽しみ方ができる一冊。
著者略歴
東京都江戸東京博物館(トウキョウトエドトウキョウハクブツカン toukyoutoedotoukyouhakubutsukan)
東京都埋蔵文化財センター(トウキョウトマイゾウブンカザイセンター toukyoutomaizoubunkazaisentaa)
タイトルヨミ
カナ:トウキョウニイキタジョウモンジン
ローマ字:toukyouniikitajoumonjin

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

TOTO出版の既刊から
東京都江戸東京博物館/編集 東京都埋蔵文化財センター/編集
アンサンブル・スタジオ:アントン・ガルシア=アブリル、デボラ・メサ/著
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。