近刊検索 デルタ

2018年6月5日発売

日本関税協会

関税(品目)分類詳解【Ⅱ】

第6部から第10部まで
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
本書は、先に出版しました『関税(品目)分類詳解【Ⅰ】』と同様、HS品目表について、著者の数々の経験を踏まえ、関税・品目分類についての基礎的な事柄や分類のポイント等について解説を試みるべく、日本関税協会発行の『貿易実務ダイジェスト』及び『貿易と関税』に連載した内容をベースに一部加筆・修正したものです。
本書においては、『関税(品目)分類詳解【Ⅰ】』に収録しました第5部までに続き、第6部から第10部までを収録し、類ごとに詳細な解説を施しています。
よって、本書は、これから分類実務に携わろうとする方や通関士試験にチャレンジされる方はもちろん、既に通関実務に携わっている方や貿易統計事務等に携わっている方には必携の書と言えます。
著者略歴
宮崎千秋(ミヤザキチアキ)
1966年大蔵省入省(門司関税)。大蔵省関税局輸入課課長補佐(品目分類担当)、税関研修所主任教官、関税局企画課特殊関税調査官、関税局国際調査課国際協力専門官、東京税関調査保税部次長、神戸税関監視部長、横浜税関業務部長、同監視部長などを経て2006年退職。その間、WCO(世界税関機構)の品目表・分類局テクニカルアタッシェとしてWCO事務総局に勤務。(前)公益財団法人日本関税協会 調査・研究担当部長。現在は、神奈川大学経済学部(非常勤)で教鞭を執る。 主要著書 ・『関税(品目)分類詳解【Ⅰ】』日本関税協会 ・『関税評価303』日本関税協会 ・『ASEANの流通と貿易』(共著)成山堂書店

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

週刊コミタン! 2018/10/21号


連載記事

発売してから、どうですか(仮)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。