近刊検索 デルタ

2021年6月11日発売

風涛社

ダニが刺したら穴2つは本当か?

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人に危害を加えるダニはもちろん、チーズを作るダニ、森の中で分解者として暮らす人に無害なダニなど、世界に5万種いるダニの多様性をしることができる本。 細密画ほかビジュアル満載 巻頭●「細密画で見る美しい日本のダニ」 各章末●「走査型電子顕微鏡写真で見る知られざるダニの姿」 付録「ダニとその仲間たちの進化の足跡」
目次
細密画で見る美しい日本のダニ/はじめに
第1章 春から初夏のダニ
第2章 夏のダニ
第3章 秋から冬のダニ
著者略歴
島野智之(シマノサトシ shimanosatoshi)
1968年生まれ。横浜国立大学大学院工学研究修了。博士(学術)。農林水産省東北農業研究所研究員、OECDリサーチフェロー(ニューヨーク州立大学)、2005年宮城教育大学准教授、フランス国立科学研究所フェロー(招聘2009年)を経て、2014年4月法政大学教授に着任。専門はダニ学、原生生物学。タイ、マレーシア、インドネシア、ブータンで研究中。2017年日本土壌動物学会賞受賞。著者に『ダニ・マニア』(八坂書房、2015年)、『ダニのはなし(共著、朝倉書店、2016年)、『たけしの面白科学者図鑑 ヘンな生物がいっぱい』(ビートたけし編・分担執筆、新潮社、2017年)、『土の中の美しい生き物たち』(共著、朝倉書店、2019年)など多数。
タイトルヨミ
カナ:ダニガサシタラアナフタツハホントウカ
ローマ字:danigasashitaraanafutatsuhahontouka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

風涛社の既刊から
のりぽきーと/著・イラスト
くら田たまえ/著 全興寺・川口良仁/監修・企画
ルドルフ・シュタイナー/著 西川隆範/編集・翻訳
もうすぐ発売(1週間以内)
産業編集センター:小林みちたか 
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
KADOKAWA:須垣りつ 庭春樹 
エール出版社:鳩山文雄 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。