近刊検索 デルタ

2021年4月9日発売

フォーイン スクリーンプレイ事業部

チップス先生さようなら

スクリーンプレイ・シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
生徒思いでシャイなラテン語教師、チッピング先生。しかし彼は、その生真面目さゆえに生徒との接し方を掴みかねていた。そんな時、旅先で出会った魅力的な女性キャサリンにより、彼は愛すべき「チップス先生」へと変貌を遂げてゆく。何千人もの子供たちを我が子のように愛し導いた、チップス先生の生涯を描く感動作。第12回アカデミー賞で、作品賞・監督賞をはじめとする7部門にノミネートされ、その中でも、20代から80代まで60歳以上の年齢差のチップス先生役を一人で演じ切った主演のロバート・ドーナットが、大方の予想を覆し、主演男優賞を受賞した名作。

上流社会の子供たちを教育する学校という舞台設定にふさわしい、フォーマルなイギリスアクセントが使われており、文法も標準的で、さらに発話スピードもゆったりとしている。また、専門用語の使用は最小限に留められていることからも、リスニングレベルは初級者向きの作品である。
目次
Chips of Brookfield:ブルックフィールドのチップス
The New Master:新任の先生
Hope and Disappointment:希望と失望
Hero of the Mist:霧の中の英雄
The Blue Danube:青きドナウ
Kathy’s Revolutions:キャシーの改革
Time to Retire:引退の時
Headmaster After All:ついに校長に
Hope of Peace:安らぎへの望み
Goodbye, Mr. Chips:さようなら、チップス先生

コラム
この映画について
あなたはどっち?映画?本?
キャスト
この映画の英語について
空白の5 年の謎
教師の成長
Linking(連結)
女性参政権と女性解放史
美しく青きドナウについて
チップス先生と私
名優 ロバート・ドーナット
チップスはラテン語の教師
紅茶にまつわるエピソードあれこれ
理想の教師像―チップス先生とモリー先生
この映画から覚えておきたいセリフ ベスト10
The Heart of England
著者略歴
寶壺貴之(ホウコタカユキ houkotakayuki)
網野千代美(アミノチヨミ aminochiyomi)
子安惠子(コヤスケイコ koyasukeiko)
杉浦恵美子(スギウラエミコ sugiuraemiko)
木戸啓絵(キドヒロエ kidohiroe)
宝壺直親(ホウコナオチカ houkonaochika)
タイトルヨミ
カナ:チップスセンセイサヨウナラ
ローマ字:chippususenseisayounara

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

フォーイン スクリーンプレイ事業部の既刊から
寶壺貴之/監修 網野千代美/監修 子安惠子/監修 杉浦恵美子/監修 木戸啓絵/監修 ほか
松畑由香子/著・イラスト
映画英語アカデミー学会/監修
貞末千佳/著 平野小百合/著 マーク・ヒル/翻訳 沈鳴雷/翻訳 日野弥恵/イラスト
久米和代/監修
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:岬愛奈 
角川春樹事務所:堂場瞬一 
ポプラ社:増山実 
角川春樹事務所:堂場瞬一 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。