近刊検索 デルタ

2018年7月19日発売

フォレスト出版

周りを気にせずにあなたの感情とうまくつきあう方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
◆楽しく続けているうちに、あなたの環境が大きく変化する
「周りの人とうまくいかず、日常生活でもモヤモヤする」
仕事に限らず、社会での役割が増えている現代、
こうした人間関係に敏感な「社会不安症」の人が増加しています。
人は周囲とうまく関わりたい、他人からもっと認められたい
という欲求を持っています。
しかし、実は基本的な欲求(=生存欲求)が満たされていなければ、
その悩みを解決することが難しいのです。

現代人は世の中の情報があふれすぎているために、
周りの変化に気づく力が弱くなってしまいました。
そのため、感情の幅が狭くなってしまい、
周りの人ともうまくいかなくなっているのです。
逆に、感情の幅を広げれば、周囲の変化に気づきやすくなり、
人に対する感情に対しても感じる力が高まり、
自然と人間関係がよくなり、最終的には周りからも好かれる人になるのです。

そして、この感じる力を高めることが、
基本的な欲求を満たしていくことなのです。

では、感じる力を高めるためにはどうすればいいのか?
それは実はとてもカンタンで、
感情をつかさどる感覚器(=五感)を鍛えれば、
自然と変化に気づけるようになるのです。

なぜ自然とそうなっていくのか?
それは、五感は無意識な器官のため、
今までのように意識して人に敏感でいる必要はなく、
いつの間にかそうなっているからです。

では、五感を鍛えるのは大変なことなのか?
本書で紹介する2週間メソッドは、
「えっ、こんなことでいいの?」というくらい
カンタンで楽しくできてしまうことばかり。

実践していくうちに、
あなたの中で(無意識に)大きな変化が訪れていることでしょう。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。