近刊検索 デルタ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
カバ、ライオン、サイ、熊、シマウマ、ゾウ、亀……かれらのしっぽはどんなかたち?
たくさんの動物の顔としっぽと擬音だけで展開する、親子で楽しい、子どもの想像を育む愉快な絵本

本擬音と、動物の顔としっぽだけ。シンプルだから、0歳から繰り返し楽しめます。

ことばの違いによる民族間のいさかいをなくし、人々が自由で、平等で、平和な社会に生きられるようにと、1887年にポーランドの眼科医ザメンホフ博士が発表したのが、やさしくて誰にも学びやすい国際語エスペラントです。現在世界には百数十か国に百万人の話し手、エスぺランチストがいて、言語の障害を越え、インターネットで、また世界大会やアジア大会など様々な催しのなかで、ザメンホフ博士の理想の実現を目指して交流を続けています。『しっぽがわらう』はエスペラント語との対訳になっていますが、それは、この本が日本人の間だけでなく世界の人々の間で読まれ、その笑いが平和につながっていくようにと祈っているからです。擬音と、動物の顔としっぽだけ。シンプルだから、0歳から繰り返し楽しめます。

【発行】三五館シンンャ/【発売】フォレスト出版

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。